ブログ

パーソナル指導をして想うこと

当たり前ですが、

誰一人として、同じフォームでは歩ていません。

そして、フォーム修正するときも

皆さんを同じフォームにしたいとは、思っていません。

 

背が大きい、小さい

運動履歴がある、ない

体力がある、無い

疾患がある、ない

などなど

 

真逆な経歴を持っている人ばかりです。

 

それで、同じフォームで良い訳がありません。

皆さんには皆さんに適した「個々のフォーム」があります。

それをウォークフォームの基本から、発展させて提案する

基本からの応用。

 

やみくもに速く歩こうとするのではなく、

基本(ベース)の上に、個(オリジナリティ)を立たせる。

 

それがとても大事なのです

Follow me!

関連記事

  1. タレント選手からの電話
  2. 靴底が硬いNEWシューズ。けどそれがお気に入り
  3. 桐生選手の9秒台に想う
  4. 世界陸上男子女子50㎞競歩 解説 無事に終了
  5. ウォーキング 競歩 コーチをするということは「学び続けること」
  6. 一山選手の代表内定という結果に想う
  7. ふくらはぎは第2の心臓
  8. 全日本競歩20㎞能美大会 男子20㎞競歩東京五輪最終決戦
PAGE TOP