ブログ

パーソナル指導をして想うこと

当たり前ですが、

誰一人として、同じフォームでは歩ていません。

そして、フォーム修正するときも

皆さんを同じフォームにしたいとは、思っていません。

 

背が大きい、小さい

運動履歴がある、ない

体力がある、無い

疾患がある、ない

などなど

 

真逆な経歴を持っている人ばかりです。

 

それで、同じフォームで良い訳がありません。

皆さんには皆さんに適した「個々のフォーム」があります。

それをウォークフォームの基本から、発展させて提案する

基本からの応用。

 

やみくもに速く歩こうとするのではなく、

基本(ベース)の上に、個(オリジナリティ)を立たせる。

 

それがとても大事なのです

Follow me!

関連記事

  1. スポンサーを激怒させた過去
  2. 世界競歩チーム選手権の20㎞競歩団体金メダルが忘れられない日にな…
  3. コーチ、という言葉が好きな理由
  4. パーキンソン病の方とのウォーキングジムパーソナル②
  5. 【レポート】2017年4月 ウォーキング講習会in浦和
  6. 東京オリンピックまでの、ウォーキングplus競歩 イベントライン…
  7. ウォーク(ウォーキング)時速8㎞が続かない方へ
  8. ウォーク・ランで自分がどこに足を着地できているか把握できてますか…
PAGE TOP