ブログ

フルマラソンで30㎞からペースアップ出来た理由

講習会に参加された方より、わざわざご連絡を頂きました

昨日、人生2度目のフルマラソンに挑戦し、目標であったサブ5を達成することができました。
(前回:5時間53分→今回:4時間44分)

競歩講習会で教えていただいた、
・骨盤の旋回
・軸足への体重移動
・腕振り
を意識し、走った結果、前回では30kmを過ぎたあたりから足が止まっていたのですが、
今回は逆に30kmを過ぎてからペースアップすることができました。
また、明けて今日も太ももの前の筋肉が筋肉痛になっておらず、
改めて競歩とは効率良く体を動かす事である事が実感できました。

これで、マラソンには一区切りつけて競歩に専念できそうです。
また、講習会に参加させていただきます。
有難うございました。

原文のままです。

身体をどう使うのか?によって速さも、ゴール後の疲労度も変わってきます。

「競歩式ラン」をHPでも紹介してますが、講習会はずっと休止したままでした。

それは、ランの講習はたくさんあるので、わざわざランを「ウォーキングplus競歩」で

する必要はないのでは?それならばウォーキングとか競歩の講習会をした方が良いのでは

っと考えていたからです。

ただ、こんな有難いメールを頂くと・・・

うーむ、どうしよう

 

Follow me!

関連記事

  1. 上級 救命講習を受講!
  2. 箱根駅伝から学ぶ 強い者が「強い」では無く、勝った者が「強い」
  3. 札幌で夏季オリンピック開催!?が濃厚 競歩・マラソンが東京を離れ…
  4. 世界陸上ドーハ 中東の暑さを味方に!勝木隼人選手 男子50㎞競歩…
  5. パーキンソン病 しかし、諏訪湖1周ウォーキング達成
  6. 競歩 & ウォーキング講習会を福岡でやります!!!決まりました!…
  7. 東京五輪20㎞の最終選考会 2020全日本競歩能美大会レビュー
  8. UWTTのお申込みはお早めに!
PAGE TOP