BLOG

ウォーキングブログ

桐生選手の9秒台に想う

100mで10秒の壁をとうとう桐生選手が破りました。

陸上競技の歴史の中で、一つの歴史の瞬間であることは間違いありません。

 

前日本記録保、10秒00は伊東浩司選手が1998年に出した記録です。

実はこの記録を出したときに、伊東選手は最後10mぐらいはスピードを緩めています。

100mの準決勝の試合だったので、決勝のために余力を残そうとしての

スピードダウンでした。

だから、当時はきっとすぐに伊東選手が100mで9秒台を出すと期待をしたのですが

そこから19年掛かってようやく日本記録が誕生しました。

 

当時、伊東選手が10秒00で走った時、競歩の動作を真似をしたというコメントを残しています。

同じ実業団のチームに競歩の選手がいて、「なぜ競歩は速いのだろう」と思ったことから

真似をしたそうです。

※残念ながら私ではありません(笑)

1998年、今よりもさらにマイナー種目だった競歩としては、嬉しい伊東選手のコメントでした。

 

桐生選手が競歩の真似をしたかどうか?

残念ながらそれは定かではありませんが、同じ陸上競技をするものとして

桐生選手の9秒98は感慨深いものがあります。

 

Follow me!

関連記事

  1. 無意識を意識した瞬間(笑)
  2. 速く歩く一番シンプルな方法
  3. 速く腕を振れば、速く前に進むのか?
  4. ウォーキング のパフォーマンスが寒くて落ちる。対策としてシンプル…
  5. 晴れの国おかやま100㎞ウォーキング大会 完歩! 
  6. 「速く歩く」ということは、健康にとってとても大切
  7. 急激な気温の低下が疲労を生む理由
  8. 陸上競技の厳しさに埋もれた、池田選手の凄さ。
<<
PAGE TOP