ブログ

桐生選手の9秒台に想う

100mで10秒の壁をとうとう桐生選手が破りました。

陸上競技の歴史の中で、一つの歴史の瞬間であることは間違いありません。

 

前日本記録保、10秒00は伊東浩司選手が1998年に出した記録です。

実はこの記録を出したときに、伊東選手は最後10mぐらいはスピードを緩めています。

100mの準決勝の試合だったので、決勝のために余力を残そうとしての

スピードダウンでした。

だから、当時はきっとすぐに伊東選手が100mで9秒台を出すと期待をしたのですが

そこから19年掛かってようやく日本記録が誕生しました。

 

当時、伊東選手が10秒00で走った時、競歩の動作を真似をしたというコメントを残しています。

同じ実業団のチームに競歩の選手がいて、「なぜ競歩は速いのだろう」と思ったことから

真似をしたそうです。

※残念ながら私ではありません(笑)

1998年、今よりもさらにマイナー種目だった競歩としては、嬉しい伊東選手のコメントでした。

 

桐生選手が競歩の真似をしたかどうか?

残念ながらそれは定かではありませんが、同じ陸上競技をするものとして

桐生選手の9秒98は感慨深いものがあります。

 

Follow me!

関連記事

  1. 箱根駅伝 母校の解散式に想う
  2. 東京エクストリームウォーク対策 手はむくみ、足はうまく曲げれなく…
  3. 世界陸上ドーハ大会 一番強いのは自分だという強い気持ち 高橋英樹…
  4. トップアスリートの秘密を解明する研究者の苦悩
  5. クマの古道を歩く
  6. 歩けなくなったこと、ありますか?
  7. ウォーキング 雨の日のマメ対策
  8. 肌寒くなってきた、この時期にまずは軽いウォンドブレーカーを揃えよ…
PAGE TOP