ブログ

桐生選手の9秒台に想う

100mで10秒の壁をとうとう桐生選手が破りました。

陸上競技の歴史の中で、一つの歴史の瞬間であることは間違いありません。

 

前日本記録保、10秒00は伊東浩司選手が1998年に出した記録です。

実はこの記録を出したときに、伊東選手は最後10mぐらいはスピードを緩めています。

100mの準決勝の試合だったので、決勝のために余力を残そうとしての

スピードダウンでした。

だから、当時はきっとすぐに伊東選手が100mで9秒台を出すと期待をしたのですが

そこから19年掛かってようやく日本記録が誕生しました。

 

当時、伊東選手が10秒00で走った時、競歩の動作を真似をしたというコメントを残しています。

同じ実業団のチームに競歩の選手がいて、「なぜ競歩は速いのだろう」と思ったことから

真似をしたそうです。

※残念ながら私ではありません(笑)

1998年、今よりもさらにマイナー種目だった競歩としては、嬉しい伊東選手のコメントでした。

 

桐生選手が競歩の真似をしたかどうか?

残念ながらそれは定かではありませんが、同じ陸上競技をするものとして

桐生選手の9秒98は感慨深いものがあります。

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングで長い距離に挑戦したくなる必然
  2. 東京五輪メダルへの現実味 女子10年ぶりの日本最高&男子は1時間…
  3. いよいよ五輪開会式、いままでの開会式、どこで見てましたか?
  4. 【実践】ウェストを引き締め、くびれを作るウォーキング
  5. ウォーキングで我流でウォーキングされている方の癖が出る場所とは?…
  6. ウォーキングで重要なのは、足ではありません
  7. 競歩初心者、競歩にやってみたい!思っている方への無料WEBイベン…
  8. 怪我が多く活躍できなった4年生の卒業に贈った言葉
PAGE TOP
PAGE TOP