ブログ

桐生選手の9秒台に想う

100mで10秒の壁をとうとう桐生選手が破りました。

陸上競技の歴史の中で、一つの歴史の瞬間であることは間違いありません。

 

前日本記録保、10秒00は伊東浩司選手が1998年に出した記録です。

実はこの記録を出したときに、伊東選手は最後10mぐらいはスピードを緩めています。

100mの準決勝の試合だったので、決勝のために余力を残そうとしての

スピードダウンでした。

だから、当時はきっとすぐに伊東選手が100mで9秒台を出すと期待をしたのですが

そこから19年掛かってようやく日本記録が誕生しました。

 

当時、伊東選手が10秒00で走った時、競歩の動作を真似をしたというコメントを残しています。

同じ実業団のチームに競歩の選手がいて、「なぜ競歩は速いのだろう」と思ったことから

真似をしたそうです。

※残念ながら私ではありません(笑)

1998年、今よりもさらにマイナー種目だった競歩としては、嬉しい伊東選手のコメントでした。

 

桐生選手が競歩の真似をしたかどうか?

残念ながらそれは定かではありませんが、同じ陸上競技をするものとして

桐生選手の9秒98は感慨深いものがあります。

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング 湿度対策で持っていきたいもの
  2. 行橋‐別府100㎞でタイムのため考えなければいけないこと 100…
  3. 歩幅と認知症 ニュース記事より
  4. 本格ランから僅か5ヶ月でサブ4達成! 練習時間が取れず。。。苦労…
  5. 競歩のルールに骨盤を使って歩け!というルールは無い
  6. スタミナを生み出す理屈
  7. 62才で9年ぶりの自己記録を「競歩式ラン」で更新!
  8. パーキンソン病の方でも、楽に歩幅を広げる方法
PAGE TOP