ブログ

時速4㎞でウォーキングすれば、時速6㎞でウォーキングできる(もちろん、いつも時速4㎞ではダメですが)

ウォーキングで速く歩けるようになりたい!

という目標がある方が、このHPでいろいろと情報を確認したり

私のブログをチェックしているかと思います。

 

ですから、速く歩きたい、と思っているのに、

「速く歩くために、ゆっくり歩くは良いトレーニングです」

と、アドバイスされてもなかなか実践しにくかったりする場合もあります。

今までも、blogで同様のことは、けっこう書いてきていると思います。

 

ある方がトレーニング報告で

「時速4㎞で歩いてみました。難しい。各筋力・バランス感覚を試されている」

とご報告頂きました。

そして、その週末にテン6(時速6㎞で10㎞を歩く)で歩かれて、

しかも以前よりも5分近く速くなり、ゴール後の疲労感も軽減されてました。

 

この受講者様はトレーニング初期は、時速5㎞前後で3㎞くらいをウォーキングされていました。

おそらく、最初の頃であれば、時速4㎞は楽にのんびり歩いている、くらいの感じだったでしょう。

ゆっくりウォーキングすることで、ウォーキングの感覚が向上した、非常に良い例となりました。

 

もちろん、いつもゆっくり、ではウォーキングのスピードは向上しません。

どんなに速くウォーキングをする方でも(もちろん、競歩選手も含む)

ゆっくりウォーキングをするのは、速くウォーキングをするために必要なことなのです。

Follow me!

関連記事

  1. なぜ、100㎞でもネガティブスピリットを勧めるのか?
  2. 世界陸上ドーハ大会 競歩躍進に想う事
  3. 寒い時期 室内のトレーニングでもしっかりと身体を温めてからトレー…
  4. 50㎞競歩の凄さ、そして廃止の検討
  5. 東京五輪が最後!曲者揃いの男子50㎞競歩 世界の強豪
  6. 「走れなくなったから、歩くのは出来るようになりたいから」78歳女…
  7. 動画レジメがあればきっと皆さんも便利なはず
  8. 前十字靭帯が無く、変形膝関節症でも10㎞を57分で走る
PAGE TOP
PAGE TOP