ブログ

100㎞ウォーク 初心者もベテランもレベルアップしていく時代になってきました

100㎞ウォークの人気が、ジワリジワリと上がってきてます。

マラソンが国民的に人気スポーツとなってきいますが、

100㎞ウォークも「走れないけど、歩くならできる」という方の

チャレンジ精神をくすぐっています。

 

100㎞となると、コース規模が大きくなるため、

首都圏や都市圏より、地方での開催が比較的多いのも特徴です。

そして、ランナーの皆さんの思うより、かなり速くウォーキングをする人が多いです。

 

トップは12時間台で100㎞を歩き切ります。

ただ、これも11時間台になるのは、時間の問題だと思います。

理由は3つ

〇ウォーキングのスポーツ化による愛好者層の若返り

ランニングからウォーキングに移る動きが少しづつ起きています。

ウォーキングが高齢の方が、集団で歩くもの。という先入観という垣根がなくなれば無くなるほど

体力のあるウォーカーが100㎞ウォークに挑戦する機会が増えてくると思います

 

〇大会趣旨の多様化

現存の大会の多くは100㎞を歩き切る、ということに目的なので、「速く」という点はまったくありません。

しかし、大会数が増えている中、他の大会と差別化するために歩きやすいコース選定が起きても不思議ではありません。

 

〇100㎞ウォークの参加者増による知識の積み上げ

たくさんの方が100㎞ウォークに挑戦するようになり、どんな装備をして、どんな補食をして、どんな練習をすれば良いのか、など

情報化社会が容易に100㎞ウォークに必要な情報を得ることが出来るようになっています。

そうなると、参加する方のレベルがどんどん上がっていきます。

 

実際に、私の周りのウォーカーでも今年1月のUWTT(100㎞タイムトライアル)

に出るまでは16時間で100㎞で歩く方でしたが、今年に入ってすでに2回、12時間台で歩いてます。

メール通信の受講者の方でも、女性の方ですがおそらく1時間以上はタイムを縮めてくるでしょう。

 

トレーニングの正しい情報と知識を得て、多くの方が実践をしてくれば、

競歩の競技者でなくても、11時間台はあり得ると思っています。

 

もちろん、このトレーニング正しい情報と知識の実践は、

初めて100㎞ウォークに挑戦するという方の完歩率を上げ、タイムの向上も起こるでしょう

そして、初めて100㎞ウォークに挑戦するという方も、

過去にマラソンしていた方とかも、流れてくると思うので体力レベルが高い方も多いでしょうから。

 

今までのウォーキングとは違うウォーキングの楽しみ方が増えてくる

そんな時代になりつつあると感じています。

Follow me!

関連記事

  1. 中国遠征に行ってきます!
  2. 50km競歩は東京五輪で表彰台独占できる!っと思わせてくれる川野…
  3. 競歩フォーム 競歩の歩き方が難しいと思っている方へ
  4. 天才は、なぜ?自分は天才なのか、と考えた瞬間に凡人になる
  5. 段階的にトレーニングをして競歩のフォームを身に着けよう
  6. 脳卒中は誰もが掛かる可能性がある病気、だということ。
  7. ウォーキング 競歩 動画付き講習会 大阪参加者からのお声 201…
  8. はくほう に想う
PAGE TOP
PAGE TOP