ブログ

ハンディを武器に変えることが出来るのが競歩の魅力

ハンディがある

これは決して悪いことではありません。

 

ハンディがあるから

工夫をします。

 

ハンディがあるから

人一倍努力をします

 

ハンディがあるから、達成したときに

多くの方に勇気を与えることが出来ます。

 

ハンディがある。決して悪いことばかりではないのです。

 

競歩はどちらかの足が必ず地面に接地していなければなりません

このルールは長身の選手が有利な部分は当然あります。

一歩で進める距離がやはり違います。

 

ですが、小さな選手でもピッチを速くする、

接地を滑らかにしてブレーキを極力掛けないフォームを習得する。

 

世界陸上20㎞競歩で三連覇したJ・ペレス選手は身長が170㎝以下でした

シドニー五輪で20㎞・50㎞と金メダルを獲得し

2冠に輝いたR・コジェンニョフスキーも身長が170㎝ありませんでした。

 

競歩は技術種目です。

ハンディを武器に変える技術(テクニック)を身に付けることが出来れば

勝つことができます。

 

それが魅力だと思っています

Follow me!

関連記事

  1. 陸王に想う ② そもそも…
  2. ウォーキング初心者に参考にしてもらいたいシューズの選び方
  3. 感度を上げれば、フォームが良くなる
  4. 番組収録!!!
  5. 10㎞で自己記録を更新した4名に想う、競歩選手もウォーキング初心…
  6. TVの企画では結果として世界最速ウォーカーに勝った!
  7. ウォーキング初級者・中級者が、ウォーキングを評価するのに最適なイ…
  8. 世界陸上ドーハ大会 男子50㎞競歩予想
PAGE TOP