BLOG

ウォーキングブログ

陸上競技の厳しさに埋もれた、池田選手の凄さ。

先日、高橋選手の非公式の世界記録の凄さを書きました

世界最高記録(非公認)10000m競歩 37分25秒 高橋選手が樹立!その記録の凄さを解説します

ですが、同じく凄いのは池田向希選手(東洋大学)

実は、世界記録(非公認)出した高橋選手に遅れること僅か0.69秒。

そして、競技中のほとんどを池田選手がレースを主導しました。

つまり、ずーっと高橋選手を引っ張って、最後に抜かれたのです

これは相当の実力が無いとできないことです。

 

ですが、新聞にはそのことはほとんど記事になりません

1位でゴールした高橋選手だけがフォーカスされます。

 

しかし、素晴らしいパフォーマンスをしたのは池田選手も同様でした。

1位しか結果として報道されない陸上競技の厳しさ。。。

ですが、そこには1位以上に鮮烈な戦いをした選手がいたということを

関係者としてぜひ皆さんにお伝えしたい!

そんな想いでこのブログを書きました

Follow me!

関連記事

  1. 中国で100kmを想う
  2. WEB講習会 6月開催 2日目の本講習を終えて移動中
  3. 前十字靭帯が無くても、トライアスロンスプリントディスタンス年代別…
  4. 最近のスポーツのパワハラ問題の根っこにあるもの
  5. ウォーキングや普段の歩行で「つまずきやすい」という方が勘違いして…
  6. ウォーキングで痩せたい!
  7. 熾烈を極める東京五輪 競歩日本代表選考 展望①
  8. 競歩 でトレーニングをどうすべきか、迷っている大学生に送ったメー…
<<
PAGE TOP