ブログ

30年以上の競技人生で、涙したのは2回だけ、その2回はどんなときかというと。。。

コーチ業を含めて陸上競技人生を33年経ちました。

その間で涙を流したのは2回だけ。

悔しくて1回、嬉しくてが1回

 

悔しくては、このブログの通りです

4年前の失敗をバネに。

このときは、悔しくて悔しくて。。。

 

嬉しくて涙したのは、コーチとなって

サポートしていた藤澤選手が世界競歩チーム選手権で7位になった時。

国際電話で藤澤選手と話したのですが、

不甲斐ないコーチのもと結果を出させてあげれなかっただけに

嬉しさは感無量でした。

 

悔しさも、嬉しさも、大きな原動力となりました。

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 科学的根拠より、先入観によるマナーが優先される状況ですが、知って…
  2. ウォーキング や 競歩で左右のバランスが悪い時に確認すべきこと
  3. 痛みから知ろう!
  4. 東京五輪、男子20㎞競歩の中継局が確定したようです
  5. 医者からウォーキングを勧められているが どうウォーキングをすれば…
  6. 運動経験なく初マラソンで4時間35分への道のり
  7. スタートラインに立つ、楽しさ
  8. 片麻痺 ウォーキング 皇居1周リレーウォークを挑戦してみませんか…
PAGE TOP