ブログ

マスクは高地トレーニングの代わりになるか?

コロナウィルス拡散防止の観点や

世間の目の厳しさもあって、

マスクをしてウォークやランをする人が増えていると思います。

 

マスクをしていると、入ってくる酸素の量が制限されるため

「高地トレーニングの代わりになるのでは?」

っと考える方もいるかもしれません。

 

選手時代に、高地トレーニングで2000m級や4000m級の標高で

トレーニングをしていた経験し、今のたまにマスクをしてトレーニングする立場から言うと。。。

 

「マスクをしても高地トレーニングの代わりにはなりません」

 

実際の高地トレーニングでは普段の生活環境から空気が薄いです

高地でなければ空気中の酸素濃度はマスクをしてても同じなので

マスクで呼吸がきつくても酸素を吸わないわけにはいかず、

単純に呼吸がきついので、吸う回数が通常よりも増えるだけの話なのです。

 

呼吸筋は鍛えられるとは思います、吸う回数が増えるので。

 

少なくとも本来の高地トレーニングの代わりにはなりません。

高地トレーニングはもっときついです。。。

上手にやらないと高山病なりますからね

 

マスクをして高山病になる、そうなればマスクはかなり危険なものですよね

 

マスクは、残念ながら高地トレーニングの代わりにはなりません。。。

 

 

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 100㎞ウォークチャンピオンとのウォーキング対談 Vol1 10…
  2. 競歩は 脚線美作り ウェストを細くする 最適な エクササイズ
  3. 行橋別府100km メール通信トレーニングが生み出した可能性
  4. 大坂なおみ選手の全豪オープン決勝進出!選手ファーストならば、配慮…
  5. 福岡での講習会無事終了!
  6. 札幌で夏季オリンピック開催!?が濃厚 競歩・マラソンが東京を離れ…
  7. 朝の情報番組「ZIP」に出ます、まだ先ですが…
  8. 天才は、なぜ?自分は天才なのか、と考えた瞬間に凡人になる
PAGE TOP