ブログ

マスクは高地トレーニングの代わりになるか?

コロナウィルス拡散防止の観点や

世間の目の厳しさもあって、

マスクをしてウォークやランをする人が増えていると思います。

 

マスクをしていると、入ってくる酸素の量が制限されるため

「高地トレーニングの代わりになるのでは?」

っと考える方もいるかもしれません。

 

選手時代に、高地トレーニングで2000m級や4000m級の標高で

トレーニングをしていた経験し、今のたまにマスクをしてトレーニングする立場から言うと。。。

 

「マスクをしても高地トレーニングの代わりにはなりません」

 

実際の高地トレーニングでは普段の生活環境から空気が薄いです

高地でなければ空気中の酸素濃度はマスクをしてても同じなので

マスクで呼吸がきつくても酸素を吸わないわけにはいかず、

単純に呼吸がきついので、吸う回数が通常よりも増えるだけの話なのです。

 

呼吸筋は鍛えられるとは思います、吸う回数が増えるので。

 

少なくとも本来の高地トレーニングの代わりにはなりません。

高地トレーニングはもっときついです。。。

上手にやらないと高山病なりますからね

 

マスクをして高山病になる、そうなればマスクはかなり危険なものですよね

 

マスクは、残念ながら高地トレーニングの代わりにはなりません。。。

 

 

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 競歩 TV 解説者として情報収集はしっかりと
  2. 高地トレーニングについて の雑記
  3. 40代以降で競歩をしようとすると苦労する、、、膝を伸ばすというこ…
  4. 【健康ウォーキング】を始めるタイミングは?
  5. 高校生へのパーソナルで思ふ
  6. 日大アメフト問題、スポーツも被害者。。。
  7. 陸上競技の厳しさに埋もれた、池田選手の凄さ。
  8. ウォーキング や 競歩のパフォーマンス向上のために、2つの異なる…
PAGE TOP
PAGE TOP