BLOG

ウォーキングブログ

ウォーキング・ランニング愛好家が、トップアスリートの「真似できる技術」と「真似できない技術」と「真似すべき技術」

まずはこの動画を

次にこの動画を

https://youtu.be/Sg1fyPh294w

次にこの動画

 

マラソンも100mも競歩も

トップアスリートに共通していることは

上下動がほぼない、着地の膝の屈曲がほぼない(競歩は膝が曲がれば失格ですし)

 

つまり、「速さ」「フォーム効率」を求めるなら

この「上下動がほぼない」「膝の屈曲がほぼない」が必要になります

 

愛好家がまず簡単に挑戦できるのは「膝の屈曲を小さくする」でしょう

真似できにくいのは「上下動をほぼなくす」、これは上下動を作らないようにしよう

っと思って出来ることでは無いので、かなり難しいです

 

しかし、これができると無駄な力が上下に逃げず、怪我の予防にもなるので

「真似すべき技術」です。

難しいけど。。。

ぜひ、試行錯誤してみて下さい

 

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング 競歩で 一歩進むごと、離される。 そのとき起きてい…
  2. 無料WEB競歩講習会 開催します!テーマは [高校生のための競歩…
  3. 元旦競歩 2022年 参加の皆様。お疲れさまでした。元旦競歩でマ…
  4. 運動は苦手だけど、東京五輪を見て「歩く競技」の【競歩】ならできる…
  5. 五輪金メダリストが日本で4月に試合をします!
  6. 行橋‐別府100㎞ 皆さんお疲れ様でした! ゴール後の個人的な楽…
  7. ウォーキング 競歩をすると、「脛(すね)」が痛くなる方へ
  8. テン6ウォーキングは、皆さんが思う以上に簡単です!!!
<<
PAGE TOP