ブログ

わざわざ一歩一歩に、ブレーキを掛けながらウォーキングやランニングをする必要はない

一歩にブレーキを掛けながら、歩く訳ない!

っと思っているかもしれません。

 

しかし、長時間ウォーキングをしていて、足のどこかしらが痛くなる

という方であれば、必ず身体の使い方に「無理」があるかこそ、痛くなっているのです。

 

その無理は、大きく2種類

「力任せ」「身体に負担のかかる歩き方」

今回のテーマで言えば後者の「身体に負担のかかる歩き方」

 

身体に一番無理が掛かるのは、スムーズに重心が移動出来ていないことです。

ウォーキングでも、ランニングでも、自分の身体をいかに効率よく

前に運ぶことが出来るのか?

 

それに、ブレーキを掛ける動作をしてしまっているのは

まぎれもなく皆さん自身のウォーキングフォームなのです。

 

皆さんは、前に進むのにブレーキを掛けながらウォーキングしてませんか?

Follow me!

関連記事

  1. 2017世界陸上ロンドン大会 50㎞競歩 レヴュー
  2. 暑い時期になり始めたからこそ ウォーキングすべきです!
  3. プロ(実業団選手)と一般ウォーカー・ランナーとの差を生むもの
  4. 東京エクストリームウォーク 女性参加者がぜひやっておきたい「お肌…
  5. 確実に、録画で観るのと、LIVEで観るのを間違えた気がする件
  6. テン6ウォーキングは、皆さんが思う以上に簡単です!!!
  7. ウォーキングで足の裏の「土踏まず」が痛くなる方へ
  8. 中国遠征で失ったもの
PAGE TOP