ブログ

怪我が多く活躍できなった4年生の卒業に贈った言葉

大学のコーチもしていますが

4年生が卒業を迎えました。

直接指導をする機会は、忙しさにかまけて

無いながらも、日々のラインでのやりとりでサポートし

大きな試合には必ず行くようにしていました。

彼らにとって満足のいくコーチングは出来ていなかったかもしれませんが

卒業を終えて、それぞれがお礼のラインを送ってきてくれました。

こういうのは、本当にうれしくもあり

至らない自分を反省する瞬間でもあります。

 

こんなラインを送ってきた選手がいました。

「本日卒業しました。故障が多い4年間で、代表選手にもなれなかったですが、諦めず試行錯誤しながら競技を続け最後まで自己ベストを更新出来て、自分の中で一つ軸が出来た4年間だったと思います」

確かに故障が多く、苦労を重ねていました

結果が出せない選手に対してどうしても厳しい判断をしなければいけない、時もありました。

4年間の中で、大学の代表として選ばれて試合に出ることは無かったですが

彼の中では「自分の中で一つ軸ができた」っと感じられたのは

彼自身が努力し続けることができたからでしょう

彼にはこう返信しました

「4年間お疲れ様でした

怪我が多くてもやり切った事は、大学の代表になる事よりも「尊く立派なこと」だと思います。

怪我したからこそ、人に優しくなれる

代表なれなかったからこそ、人を大切に出来る

4年間やり切ったからこそ、人を励ます事が出来ると思います

頑張ってください」

 

大学生活のなかで、大学の代表となって試合に出ることは栄誉なことです

ですが、それよりも「誉」は、「諦めず腐らず投げ出さず、やり切ったこと」だと思います。

 

4年間、やり切った4年生の皆さん。

おめでとう、お疲れさま、

そして陸上のゴールと同じで

ゴールするという事は、次の目標に向かってスタートしたということ

君たちの新たな挑戦をいつまでも応援しています。

 

Follow me!

関連記事

  1. 陸王と現実の実業団とのギャップに想ふ
  2. 運動生理学者の嘆き
  3. コロナ禍で国民に送ったメッセージ 体操 内村航平選手に想うトップ…
  4. 世界陸上ドーハ 10年振りの入賞へ!岡田久美子選手!!
  5. ウォーキング-ランニングで脚が攣る方へ ①
  6. コーチだからこそ皆にはそれぞれに合った言葉で「声」を掛けたい
  7. 東京エクストリームウォーク 装備&給水はどうしたか?  試し歩き…
  8. YouTubeで競歩を見るときに注意すべきポイント
PAGE TOP