ブログ

怪我が多く活躍できなった4年生の卒業に贈った言葉

大学のコーチもしていますが

4年生が卒業を迎えました。

直接指導をする機会は、忙しさにかまけて

無いながらも、日々のラインでのやりとりでサポートし

大きな試合には必ず行くようにしていました。

彼らにとって満足のいくコーチングは出来ていなかったかもしれませんが

卒業を終えて、それぞれがお礼のラインを送ってきてくれました。

こういうのは、本当にうれしくもあり

至らない自分を反省する瞬間でもあります。

 

こんなラインを送ってきた選手がいました。

「本日卒業しました。故障が多い4年間で、代表選手にもなれなかったですが、諦めず試行錯誤しながら競技を続け最後まで自己ベストを更新出来て、自分の中で一つ軸が出来た4年間だったと思います」

確かに故障が多く、苦労を重ねていました

結果が出せない選手に対してどうしても厳しい判断をしなければいけない、時もありました。

4年間の中で、大学の代表として選ばれて試合に出ることは無かったですが

彼の中では「自分の中で一つ軸ができた」っと感じられたのは

彼自身が努力し続けることができたからでしょう

彼にはこう返信しました

「4年間お疲れ様でした

怪我が多くてもやり切った事は、大学の代表になる事よりも「尊く立派なこと」だと思います。

怪我したからこそ、人に優しくなれる

代表なれなかったからこそ、人を大切に出来る

4年間やり切ったからこそ、人を励ます事が出来ると思います

頑張ってください」

 

大学生活のなかで、大学の代表となって試合に出ることは栄誉なことです

ですが、それよりも「誉」は、「諦めず腐らず投げ出さず、やり切ったこと」だと思います。

 

4年間、やり切った4年生の皆さん。

おめでとう、お疲れさま、

そして陸上のゴールと同じで

ゴールするという事は、次の目標に向かってスタートしたということ

君たちの新たな挑戦をいつまでも応援しています。

 

Follow me!

関連記事

  1. 寒くても血圧のために歩きましょう!NHKは影響力大
  2. 足には左右差がある、のは普通の事です。
  3. 足の長さは左右同じではありません
  4. 再放送決定 ウォーカーズ 歩くことはスポーツだ! 5月3日 6:…
  5. GPS精度はここまで向上 ガーミンの場合
  6. ウォーキングで両足のバランスが悪く、課題のある脚はもちろん痛い、…
  7. めざましTV、初出演 で想うこと
  8. コーチとして嬉しいのは、表彰されることより。。。
PAGE TOP