ブログ

厚底シューズ禁止騒動が影響する東京五輪代表選考@東京マラソン、大迫選手はどんな選択をするか?

世界陸連(旧国際陸連)が厚底シューズの禁止の方向へ舵を切ったようです。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/sports/list/202001/CK2020011602000116.html

お陰で、ライバル会社で世界陸連のスポンサーのアシックスの株価が上昇したり、、、

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-01-16/Q46BTMDWLU7901

社会的にも関心が集めています。

 

東京五輪のマラソン代表選考に影響を及ぼしています。

MGCで3位だった大迫選手。

最終選考会で大迫選手の日本記録が破られなければ、代表が確定してます。

 

しかし、厚底シューズを履いている前マラソン日本記録保持者の設楽選手が

東京マラソンをエントリーしており、設楽選手はこの東京マラソンで日本記録を出しています

このまま座して結果を待つか?東京マラソンに出場し日本人トップを狙うか?

難しい決断ですが、座して待つのではなく出場を決めました。

 

マラソンの調整は少なくとも3か月ぐらいは練習と調整が好記録を出すために必要な期間です

出るのか、出ないのか、決めかねる中で練習を積み

東京マラソンを目指すのは精神的にも大変だったと思います。

そして、その大迫選手も厚底シューズを愛用しているので、好記録は必至でしょう

 

もちろん、アドバンテージは大迫選手にあります

設楽選手も含めて大迫選手以外の選手は、日本記録を目標にペースを作らなければいけません

もし、誰も出なかったら自分が積極的に前に出なければなりません。

ペースメーカーに使われないようにする駆け引きができません。

しかし、大迫選手はそんな選手達をペースメーカーに使って走ればいいからです。

もし誰も出なかったとしても、大迫選手にしてみれば、記録が破られにくくなるだけの話です。

 

最後のスピード勝負は、ペースメーカーをしてくれた選手と戦えばいいだけです。

 

っと、レース予想はできますが、あくまでも予想は予想。

実際のレースがどうなるか?

MGCと同じく東京マラソンは注目の一戦となるでしょう

 

しかし、もし厚底シューズが禁止になったら。。。

最終選考会で記録を作ったシューズで東京マラソンを走ることができないなんて

なんだか皮肉な感じです。

 

Follow me!

関連記事

  1. 続 速くウォーキングしたい人に世界陸上で観て欲しい 選手の身体の…
  2. 6月のエクストリームウォーク初挑戦で完歩した方のメールから見る、…
  3. 久々のほぼ全力5km!競歩@塩谷講習会
  4. 講習会に何回も参加してても、難しいと感じること
  5. ウォーキング のパフォーマンスが寒くて落ちる。対策としてシンプル…
  6. 100kmウォークのためにまずしたいこと 東京エクストリームウォ…
  7. ネット未だ繋がらず…
  8. ミッション、国際免許証を取得せよ
PAGE TOP