ブログ

怪我からの復活、そして自己記録更新、レース後にみせた笑顔

今日は、記録会で多くの学生が参加しました。

その中で、一人の学生が見事、自己記録を更新してくれました。

多くの学生が久しぶりの日本陸連公認記録となる記録会に

今年初めて出場し、自己記録を更新してくれましたが

彼の自己記録更新は、感情が揺さぶられました。

 

レースが終わって私のところにきて

「今日のフォームどうでした?」っと聞いてきたときに

無事に結果を出せた達成感と充実感に満ちた彼の顔をみて、

一言目がなかなか出てきませんでした。

 

苦しんでいたのを知っていたので、自信を取り戻してくれたその笑顔は、

やはりコーチ冥利に尽きる一番の報酬でした。

 

コロナ禍でみなさんも大変だと思います。

だけど、努力はきっと答えてくれます。

時間は掛かるかもしれないし、ひょっとしたら報われないかもしれません

 

ですが、「努力は尊い」

それを教えてくれた、彼の笑顔でした

Follow me!

関連記事

  1. 【座学】ランニング・ウォーキングのための心拍数を活用した、トレー…
  2. ウォーキング・競歩で 身体の使い方の感覚を合わせる、難しさと楽し…
  3. 20㎞競歩を強くしたい
  4. 心拍数が教えてくれる様々なこと 体調管理に心拍数を活用しよう!!…
  5. 世界陸上ドーハ大会 一番強いのは自分だという強い気持ち 高橋英樹…
  6. 「失敗もして、成功もした」ということが成功体験
  7. 箱根駅伝 母校の解散式に想う
  8. 塩谷 の想い 大会は主催者と参加者、両方の想いがつくるもの
PAGE TOP
PAGE TOP