ブログ

柔道 丸山選手と阿部選手の死闘から見る「五輪」

66㎏級の東京五輪代表決定戦が行われました。

ご覧になった方も多いと思います。

まさかの中継打ち切りに、慌ててネットにつなぎました。

 

決着は素人目に判然するものではなく、

二人の実力が拮抗しているというレベルではなく

気持ちが強い方が勝つというレベルでもなく

ちょっとした「時の運」でしかないものでした。

 

そして、24分という死闘に「五輪」が選手にとって

どんな舞台なのか?を改めて思い知る戦いでもありました。

 

代表に選ばれるまでも壮絶なドラマがあり、

特に柔道の場合は、「金メダル」を宿命づけられており

精神的にも肉体的にも過酷な道のりが、これからも待ち構えています

 

濃すぎる24分間に、いろんなことを想いながら

二人の戦いを見ていました。

 

やはり、スポーツには特別な力がある、

そう思わずにはいられない、丸山選手・阿部選手の死闘でした。

Follow me!

関連記事

  1. マスターズ陸上で競歩の最高峰の国内大会とは
  2. 行橋別府100㎞ウォーク上位ゴールの皆さま、おめでとうございます…
  3. 悪い事しかニュース(話題)にならない、そんな社会は寂しので。バト…
  4. ウォーキング 初心者は簡単だが、上級者には難しいこと。
  5. ネガティブスプリット ポジティブスプリット
  6. ウォーキング 競歩で胴体の使い方
  7. 明けましておめでとうございます! いよいよ東京五輪
  8. スピードを出すためには、まずは己の欲望に勝つ!!
PAGE TOP
PAGE TOP