BLOG

ウォーキングブログ

競歩式ランで難しいこととは。。。

競歩式ランは、このHPでの筋電図にもある通り

太ももの前の筋肉を使いません。

 

筋電図を見てもらえれば分かりますが、

ランニング 競歩選手が走った場合の脚筋力の発揮と筋電図

筋電図からもそれが証明されています。

 

簡単にその走りが習得できるか?

と聞かれれば、やはり時間が掛かると思います。

その理由は、皆さんが走るという事に「大腿四頭筋」を使ってきたので

その癖を意識しないようにすることに、苦労するからです。

 

言い換えると、技術的なことはそれほど難しくありません。

ただ、どうしてもいままでの癖が出てしまう

っということです。

 

技術の習得より、今までの自分の癖とどう向き合うか?

そこが競歩式ランのポイントなのかもしれません

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングのスピードを上げるために、初心者やウォーキングフォー…
  2. 「失敗もして、成功もした」ということが成功体験
  3. この寒い時期、ウォーキングのときに、必ず期待ウェア
  4. ようやく大阪で開催できます!
  5. 体力を戻したい!という方、無理なくウォーキングから始めてみましょ…
  6. 歩いてサブ4 は、無理ではない、大変だけど、、、
  7. ウォーキング 競歩の技術を習得していく順番の重要性
  8. 競歩選手の100㎞10時間切りを、100㎞ウォーカーはどう参考に…
<<
PAGE TOP