ブログ

ウォーキング (競歩も)で体重移動のポイントは、「足裏」にあり!

「足の裏を重心が移動させる」というのは

講習会でよく言う言葉です。

決して、「つま先で地面を蹴る」という言葉ではありません。

 

つい、つま先で地面を蹴ると体重が載っている感じが出るので

間違ってやってしまいたくなる動作です。

この2つの動作の大きな違いは、【頭の位置の移動】です。

 

つま先で地面を蹴ってしまうと、頭の位置が上下します。

重心が足の裏で移動するだけでなら、この”頭の位置の上下”が生まれず水平に移動します。

頭の位置に気を付けて、足の裏の使って下さい

 

Follow me!

関連記事

  1. 速く楽に歩くために、 筋肉をつけるべきか? 筋肉をつけないべきか…
  2. 古希(70歳)を迎えて競歩に出会った女性のストーリー
  3. 本日、ウォーキングツアーのNHK撮影が無事に終了
  4. ウォーキング 競歩 コーチをするということは「学び続けること」
  5. 100kmをウォーキングで完歩するための呪文
  6. 今日のつぶやき。。。 スポーツの社会還元
  7. ウォーキングや競歩では、スピードを出すことが実はスタミナを奪わな…
  8. すみません、鼻声です… 世界陸上ロンドン2017 解説日記⑥
PAGE TOP