ブログ

ウォーキング (競歩も)で体重移動のポイントは、「足裏」にあり!

「足の裏を重心が移動させる」というのは

講習会でよく言う言葉です。

決して、「つま先で地面を蹴る」という言葉ではありません。

 

つい、つま先で地面を蹴ると体重が載っている感じが出るので

間違ってやってしまいたくなる動作です。

この2つの動作の大きな違いは、【頭の位置の移動】です。

 

つま先で地面を蹴ってしまうと、頭の位置が上下します。

重心が足の裏で移動するだけでなら、この”頭の位置の上下”が生まれず水平に移動します。

頭の位置に気を付けて、足の裏の使って下さい

 

Follow me!

関連記事

  1. 100kmウォーク、ゴール後のダメージを回復させるために摂りたい…
  2. 積極的にウォーキング大会・マラソン大会に今だからこそ出た方が良い…
  3. 陸上競技の厳しさに埋もれた、池田選手の凄さ。
  4. 競歩は身長の高い方が有利か! その意識を打ち破った女性アスリート…
  5. 呼吸がきつくなった時にしたいこと
  6. 世界陸上ドーハ大会 50km競歩 サイドストーリー
  7. 令和初日は東京エクストリームウォーク コースを雨の中、対談しなが…
  8. 脳に効く ウォーキングの講演をします!
PAGE TOP
PAGE TOP