ブログ

ウォーキング (競歩も)で体重移動のポイントは、「足裏」にあり!

「足の裏を重心が移動させる」というのは

講習会でよく言う言葉です。

決して、「つま先で地面を蹴る」という言葉ではありません。

 

つい、つま先で地面を蹴ると体重が載っている感じが出るので

間違ってやってしまいたくなる動作です。

この2つの動作の大きな違いは、【頭の位置の移動】です。

 

つま先で地面を蹴ってしまうと、頭の位置が上下します。

重心が足の裏で移動するだけでなら、この”頭の位置の上下”が生まれず水平に移動します。

頭の位置に気を付けて、足の裏の使って下さい

 

Follow me!

関連記事

  1. 40・50代からマラソンではなく、ウォーキング・競歩を始める方の…
  2. 理学療法士の先生方と変形性膝関節症のウォーキングの勉強会
  3. ジャカルタ アジア大会の持つ意味
  4. 競歩 ウォーキング で 長距離では、ペースを作る時に意識したいこ…
  5. 皆さんのフォームを動画でみて、昔の自分を思い出す
  6. 選手は、コーチの名声を高めるための道具ではない
  7. 100kmウォーク攻略講習会 100km11時間台ウォーカーが装…
  8. 肌寒くなってきた、この時期にまずは軽いウォンドブレーカーを揃えよ…
PAGE TOP
PAGE TOP