ブログ

ウォーキング初心者がおこないたい、ウォーキングで股関節を使う!を、太ももだけを意識するのではなく、もっとしっかり使うために意識したいこと

今日のTVでもやっていましたが、

股関節を使うことはウォーキングではとても大事です。

股関節を使う!、ということに太ももを使うことは大事ですが

太ももだけでなく、もっとしっかりと股関節を使える歩き方は

 

「骨盤(腰)」を使うこと

 

やってみれば分かりますが、骨盤を使うと大転子と呼ばれる

足の付け根の部分が水平どうして、

骨盤の中でグリっと動いている感じがよく分かります。

 

股関節を使って、太ももを持ち上げるようにする使い方だと

骨盤の中で股関節が使われている時間が短いですが

骨盤が平行移動する「腰を使って歩く」だと

長く骨盤の中で大転子が動いているのが分かります。

つまりそれだけ股関節が長く使われている、という事です。

 

ウォーキング初心者には、難しい!っと思わずに

出来る出来ないではなく、そうやって動かそうとする

これが大事です

 

ぜひ挑戦してみて下さい。

Follow me!

関連記事

  1. 第105回 日本選手権20㎞競歩 レビュー 最初で最後の給水写真…
  2. 東京エクストリームウォーク42.195km ハーフを試し歩き!
  3. 30度以上の気温は原則としてウォーキングを止めるべき温度ですが、…
  4. 競歩の歩き方 骨折した右足親指に負担を掛けないように歩いて、時速…
  5. ウォーキングで「膝」をどう使うのか?
  6. 東大名誉教授 石井直方先生監修のもと、東大病院で5時間のエクササ…
  7. 新型コロナウィルスについて
  8. 歩くのが苦手な方へ、腰が痛くなる歩き方してませんか? 競歩の「歩…
PAGE TOP
PAGE TOP