ブログ

ウォーキング初心者がおこないたい、ウォーキングで股関節を使う!を、太ももだけを意識するのではなく、もっとしっかり使うために意識したいこと

今日のTVでもやっていましたが、

股関節を使うことはウォーキングではとても大事です。

股関節を使う!、ということに太ももを使うことは大事ですが

太ももだけでなく、もっとしっかりと股関節を使える歩き方は

 

「骨盤(腰)」を使うこと

 

やってみれば分かりますが、骨盤を使うと大転子と呼ばれる

足の付け根の部分が水平どうして、

骨盤の中でグリっと動いている感じがよく分かります。

 

股関節を使って、太ももを持ち上げるようにする使い方だと

骨盤の中で股関節が使われている時間が短いですが

骨盤が平行移動する「腰を使って歩く」だと

長く骨盤の中で大転子が動いているのが分かります。

つまりそれだけ股関節が長く使われている、という事です。

 

ウォーキング初心者には、難しい!っと思わずに

出来る出来ないではなく、そうやって動かそうとする

これが大事です

 

ぜひ挑戦してみて下さい。

Follow me!

関連記事

  1. 無料ZOOM講習会 心拍数を活用したトレーニング(基礎編)
  2. 競歩トップ女子選手にみる「競歩の腕振り」
  3. 364日のストーリー、東京五輪を目指す選手たち
  4. 競歩式最強ウォーキングのタイトルの本当の意味
  5. 箱根駅伝往路は異常なくらいの高速レース それを生み出したもの、そ…
  6. 片麻痺の方から学ぶ、ウォーキングで大事なこと
  7. NHKは2月9日は競歩祭りだ! 朝9時と夜9時 BS1で競歩が放…
  8. ウォーキング や 競歩のパフォーマンス向上のために、2つの異なる…
PAGE TOP
PAGE TOP