ブログ

全日本マスターズ競歩で失格された方へ 競歩での失格は「汚点」ではありません! 次への「成功」のステップです。

競歩・ウォーキングをメインとした

パーソナルや情報発信をしているサイトは少ないので

大きな大会があると、複数のサポートさせて頂いた皆さんから

わざわざご報告のメールを頂きます。

30分を切れた!

注意や警告を受けずにゴールで来た!

県記録を更新した!

などなど、

 

今回の全日本マスターズでは、ジャッジがしっかりとして

失格者も多く出たようで、競技としての品位を保っていただいた

審判の皆様には「感謝」です。

 

どうしても、ゴール後のクレームを嫌がり

審判団が甘めのジャッジをすることが、マスターズでは多いように思っていました

それをみたしっかりと競歩している競技者の方から

「どうにかならないんですか?」っと言われることもありましたので。。。

 

「失格」は決して人格否定でもなければ、競技としての適性がない!という事でもありません。

私も多くの失格を経験してますが、そのたびに技術の研鑽に努めてきました

失格を糧にして「五輪出場」「日本記録樹立」「日本人初の20㎞競歩世界陸上入賞」

という結果を残してきました。

 

甘いジャッジをしてしまえば、その人の成長の妨げます。

競歩は「技術種目」です。

失格は、汚点ではありません、まだ技術が足らないと言われてるだけです。

競歩の奥深さを楽しんでもらえればと思います。

 

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングを向上させるトレーニング方法⑤ 下り坂をつかう
  2. 久しぶりにウォーキング講習会を代々木でやりました!
  3. ウォーキング 競歩で胴体の使い方
  4. 10㎞を47分台で歩いた(競歩)したとき、キツイ感じたときに意識…
  5. ウォーキング 初心者でもベテランでも 坂を上るときにしたい腕の振…
  6. Garmin(ガーミン) ランニングダイナミクスポッドを活用する…
  7. ウォーキング 追加装備したい冬の必需品2品とは
  8. 在宅ワークのため生活のリズムを作るために朝にトレーニングする方が…
PAGE TOP