ブログ

ウォーキング 競歩では背の高い方が圧倒的優位なのか?

このblogの続きです

https://www.pro-walkingcoach.com/blog20180904/

ウォーキングでは、背の高い選手には敵わない
っと、言いたいところですが。。。

競歩、という観点でウォーキング見ると決して身長差が

パフォーマンスの決定的な差を生んでいるわけではありません

それは、往年の名選手に背の小さい方が多いことからもわかります。

初めて五輪で2冠(50km・20km金メダル)を達成した選手は、身長160cm台
五輪を連覇した、世界陸上を連覇した選手も身長160cm台でした。
つまり、背の低い選手です。

では、なぜ競歩の場合、そういうことが起こるのか?
それは、競歩が技術種目であるからこそです。
技術が身長差を充分補えるからです。

骨盤を前後にスライドさせることで、骨盤がズレる分だけ歩幅が広がり
足が地面から離れることなくストライドを広がります。

そして、この骨盤の操作が、上手い選手は回転数も同時に生み出すことが出来
結果、骨盤の操作だけでスピード要因である「歩幅(ストライド)×回転数(ピッチ)」
生み出すことができるのです。しかも楽に。

実際に、骨盤の操作を一般の方で、背の低い方に指導をすると
ウォーキングのスピードが上がります。

腕振りの練習をするのは、ピッチを作る上でとても大切なことです。

Follow me!

関連記事

  1. 新型コロナ第2波に備えよう、買い占めなくても備える方法
  2. 最近のスポーツのパワハラ問題の根っこにあるもの
  3. ウォーキング 初心者でもベテランでも 坂を上るときにしたい腕の振…
  4. 身体を動かすために持ちたい「極意」
  5. 実は試合に出る選手と初心者では、技術的に大きな差は無い、という気…
  6. ウォーキング 掌(手のひら)は握るべき?開くべき?
  7. ウォーキング 足をどうやって前に運ぶか?
  8. ウォーキング 腕振り 肘を曲げる 肘を伸ばす メリット デメリッ…
PAGE TOP