ブログ

ウォーキングや競歩の動作で、「かかとを巻く」ということはどんな動作か?

ご質問を頂いたので

表題の「かかとを巻く」ということは

どんな動作なのか?説明したいと思います

 

ウォークをしていてもこの動作が出る(大きくなる)と

ランニングっぽくなるので気をつけたい動作です

 

かかとを巻く

 

「後ろに蹴り出した足が

地面から離れた瞬間に巻き上げてしまう」

ということを指します。

 

地面から脚が離れたタイミングでかかとが高く

上がってしまうとランニングに近しいかかとの

巻き上げ動作になりフォームが走っているように

見えてしまいます。

 

脚が地面から離れるタイミングで膝の角度は

なるべく鈍角にし、少なくとも直角にならないように

するのは、「歩く」ということに拘るなら

走っているように見せない大切な技術です

 

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 自分のフォームを見ることと、それを正確に診断すること
  2. ウォーキングでも意識したい、50km競歩日本記録更新した鈴木選手…
  3. ヒールストライク??かっこいい言葉に惑わされず、スポーツを学ぶ3…
  4. ジョグ歩とウォーキングの違い
  5. パーソナル指導をして想うこと
  6. ウォーキング中級者以上が試したい、リラックスした腕振り
  7. ウォーキング、膝下の振り出しが難しい。福岡 最後の講習会を向けて…
  8. ウォーキング (競歩も)で体重移動のポイントは、「足裏」にあり!…
PAGE TOP
PAGE TOP