BLOG

ウォーキングブログ

時速12㎞のハイスピード ウォーク(競歩)での 100kmウォークチャンピオンとの会話

5㎞を時速12km近くで歩いた時、スタートして1kmぐらいの会話

 

 

 

 

 

 

「フォーム、どうですか」(Iさん)

かなりのハイペースなのにフォームのことを訪ねてくる

 

「うーん、ちょっと右のかかとが高いですね」(心拍数が上がらず苦しむ柳澤)

「そうですか、自分でもちょっと右が軽い感じがしてました。これでどうですか?」(Iさん)

《見事に修正できている》

「それぐらいであれば、大丈夫です!」(相変わらず、心拍数が上がらず苦しむ柳澤)

4km地点くらいの会話

「柳澤さん、後ろからフォームを見ると腕振りで少し脇が空くんですね。」(Iさん、さすがにちょっと苦しそう)

「そうですね、少し脇を開いたほうが骨盤が回りやすいんで」(心拍数が上がってきて、ちょっと余裕が生まれてきた)

なんて会話をしながら、二人でゼーゼー言いながら歩いてました(笑い)

 

教訓:最初は飛ばしちゃいけません。骨盤を使うために脇をちょっと開いた腕振りをしましょう!

 

FBより写真拝借しました!(先生、事後報告ですがご勘弁を!)

Follow me!

関連記事

  1. 競歩式ランでの身体の使い方 簡単にできること
  2. W杯、日本代表の活躍に想う
  3. 被災された皆様へ お見舞い申し上げます
  4. 腕振りの無くて七癖、腕振りは左右バランスよく振りたい
  5. 強豪、中国からの招待選手の背中をみて強烈に思ったこと。1995年…
  6. 100kmウォークの最大の敵は?
  7. インタビュアーが盛り上がれば盛り上がるほど、盛り下がる・・・
  8. 世界陸上ドーハ大会 データから見るメダル獲得の必須条件!男子20…
<<
PAGE TOP