BLOG

ウォーキングブログ

東京エクストリームウォーク 雨の日チャレンジはできれば避けたい

東京エクストリームウォークに挑戦しよう!っと思っている方も多いと思います。

天候は選べませんが、挑戦する日程がまだ1か月以上あるので

挑戦する日を選ぶことは出来ます。

 

ですから、出来れば雨の中での挑戦は避けたいです。

理由は、、、

・身体が冷えてパフォーマンスが落ちる

雨が降ると当然濡れます。濡れるという事は冷えます。

冷えると通常のウォーキングペース(時速5㎞前後)では身体の冷えるのも早く

なかなか体温が戻らなくなります。

しかも、夜の挑戦なので時間帯によっては電車もなく

都心といえども、コロナ禍なので24時間営業しているレストランなどもだいぶ少なくなっています。

棄権をしたくても電車も止まっている時間帯だと、タクシーを使わなければならず

大会のサポートがないので遠方の方は痛い出費になります。

 

・歩道が滑って体力が消耗しやすい

都心ならではですが、アスファルトの歩道なら問題無いですが

石畳やタイルの歩道が多くあります。

石とタイルは水ではかなり滑ります。

ゆっくり歩いていても、意外に疲れるものです。

 

・視界が悪くなる

大雨にならなくても意外に視界が悪くなります。

それは都会ならではの「明るさ」、石畳やタイルからの反射で意外に眩しいです

特に日本橋から新橋までは、なかなかの明るさです。

眼精疲労はけっこう侮れません。

 

 

Follow me!

関連記事

  1. ランニングは怪我をしやすい、ウォーキングは怪我をし難い
  2. 脳卒中は誰もが掛かる可能性がある病気、だということ。
  3. 【ウォーキングでマラソン完走】主要なマラソン大会でも十分可能です…
  4. なぜ、ウォーキングジムパーソナルだと上達が速いのか?筋肉より先に…
  5. YouTubeで競歩を見るときに注意すべきポイント
  6. ウォーキング 腕振り 肘を曲げる 肘を伸ばす メリット デメリッ…
  7. 20km競歩 能美大会が見せた20km競歩メダル獲得の可能性
  8. スポット(単発)でパーソナルを活用の仕方
<<
PAGE TOP