ブログ

ウォーキング や 競歩 でペースが速くて苦しくなった時に、ペースが落ちないためにしなければいけないこと

5kmをほぼ全力で歩いた時、当然「きつい」と感じたときがありました

キツイと感じたとき、私が意識したのは「腕振り」

「肘をしっかりと引き、ピッチを落とさない」ということを心がけました。

腕を大きく振ろうとするとどうしてもピッチが落ちるので、

そうならないように少しピッチを上げる意識にも気をつけて。

おかげでほぼ全力で歩いた翌日は綺麗に背中の僧帽筋が筋肉痛。

脚はまったく。

しいて言えば、股の内側がちょい疲れているのと、ハムストリングスがなんとなく筋肉痛くらい。

当たり前ですが、前述の通りに「意識した腕振り」さえしてれば、ペースは落ちないですね

 

しかし、綺麗に上半身(しかも背中の背骨の両脇のみ)しか筋肉痛にならない。。。

 

やはり、歩くという動作は、速さをキープするためには腕振りが大事なのです

Follow me!

関連記事

  1. 厚底シューズ禁止騒動が影響する東京五輪代表選考@東京マラソン、大…
  2. 暑さ対策 ウォーキングのための身体の冷やし方 ウォーキング後も冷…
  3. 比べてはいけない!っと思いつつ比べてしまう。。。
  4. 平昌五輪の閉会式を観て想う事
  5. ビールを未だ1滴も飲まず… 世界陸上ロンドン2017 解説日記③…
  6. はくほう に想う
  7. ウォーキングのためのドリルトレーニングのすすめ
  8. スピードアップのために「足は前に出さない!」っとパーソナルトレー…
PAGE TOP