ブログ

ウォーキング や 競歩 でペースが速くて苦しくなった時に、ペースが落ちないためにしなければいけないこと

5kmをほぼ全力で歩いた時、当然「きつい」と感じたときがありました

キツイと感じたとき、私が意識したのは「腕振り」

「肘をしっかりと引き、ピッチを落とさない」ということを心がけました。

腕を大きく振ろうとするとどうしてもピッチが落ちるので、

そうならないように少しピッチを上げる意識にも気をつけて。

おかげでほぼ全力で歩いた翌日は綺麗に背中の僧帽筋が筋肉痛。

脚はまったく。

しいて言えば、股の内側がちょい疲れているのと、ハムストリングスがなんとなく筋肉痛くらい。

当たり前ですが、前述の通りに「意識した腕振り」さえしてれば、ペースは落ちないですね

 

しかし、綺麗に上半身(しかも背中の背骨の両脇のみ)しか筋肉痛にならない。。。

 

やはり、歩くという動作は、速さをキープするためには腕振りが大事なのです

Follow me!

関連記事

  1. 皆さんがウォーキング・ランで頑張ることは誰かを励ますということな…
  2. 大会を運営する側と選手が対等ではない、ということが浮き彫りになっ…
  3. 大坂なおみ選手の全豪オープン決勝進出!選手ファーストならば、配慮…
  4. 最近のスポーツのパワハラ問題の根っこにあるもの
  5. しおや40.8kmのため、移動中
  6. ウォーキング 競歩で胴体の使い方
  7. 37度の東京から雨のロンドン 世界陸上ロンドン2017 解説日記…
  8. すみません、鼻声です… 世界陸上ロンドン2017 解説日記⑥
PAGE TOP