ブログ

ウォーキング や 競歩 でペースが速くて苦しくなった時に、ペースが落ちないためにしなければいけないこと

5kmをほぼ全力で歩いた時、当然「きつい」と感じたときがありました

キツイと感じたとき、私が意識したのは「腕振り」

「肘をしっかりと引き、ピッチを落とさない」ということを心がけました。

腕を大きく振ろうとするとどうしてもピッチが落ちるので、

そうならないように少しピッチを上げる意識にも気をつけて。

おかげでほぼ全力で歩いた翌日は綺麗に背中の僧帽筋が筋肉痛。

脚はまったく。

しいて言えば、股の内側がちょい疲れているのと、ハムストリングスがなんとなく筋肉痛くらい。

当たり前ですが、前述の通りに「意識した腕振り」さえしてれば、ペースは落ちないですね

 

しかし、綺麗に上半身(しかも背中の背骨の両脇のみ)しか筋肉痛にならない。。。

 

やはり、歩くという動作は、速さをキープするためには腕振りが大事なのです

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング 競歩 動画付き講習会 大阪参加者からのお声 201…
  2. パーキンソン病 患者さんとのウォーキングジムパーソナル
  3. 忙しい方へおススメの週末30分ウォーキング
  4. 被災された皆様へ お見舞い申し上げます
  5. 上半身と下半身をかみ合わせて歩けば6’57で1㎞は60代の女性で…
  6. ウォーキングを向上させるトレーニング方法② 自分のウォーキングフ…
  7. 子供と競歩VSラン対決してきました!
  8. 世界競歩チーム選手権(2018年) 50㎞競歩 勝因の解説と20…
PAGE TOP