BLOG

ウォーキングブログ

ウォーキング や 競歩 でペースが速くて苦しくなった時に、ペースが落ちないためにしなければいけないこと

5kmをほぼ全力で歩いた時、当然「きつい」と感じたときがありました

キツイと感じたとき、私が意識したのは「腕振り」

「肘をしっかりと引き、ピッチを落とさない」ということを心がけました。

腕を大きく振ろうとするとどうしてもピッチが落ちるので、

そうならないように少しピッチを上げる意識にも気をつけて。

おかげでほぼ全力で歩いた翌日は綺麗に背中の僧帽筋が筋肉痛。

脚はまったく。

しいて言えば、股の内側がちょい疲れているのと、ハムストリングスがなんとなく筋肉痛くらい。

当たり前ですが、前述の通りに「意識した腕振り」さえしてれば、ペースは落ちないですね

 

しかし、綺麗に上半身(しかも背中の背骨の両脇のみ)しか筋肉痛にならない。。。

 

やはり、歩くという動作は、速さをキープするためには腕振りが大事なのです

Follow me!

関連記事

  1. 100㎞完歩&早くゴールするためのヒントが満載のお礼メールを頂き…
  2. 怪我が多く活躍できなった4年生の卒業に贈った言葉
  3. 室内で出来るウォーキングトレーニング。明日は関東地方も雪予報、、…
  4. 一山選手の代表内定という結果に想う
  5. 10㎞ウォーク 55分18秒で歩く(競歩)  Garminデータ…
  6. 無料ZOOM講習会 心拍数を活用したトレーニング(基礎編)
  7. 寒いこの時季、こんなときこそ ランニング 前に「歩こう!」
  8. 世界陸上 選手の体型をジロジロ見よう!
<<
PAGE TOP