ブログ

競歩 ウォーキング で 長距離では、ペースを作る時に意識したいこと。

目標とするタイムより

やや速く歩くか?、しっかりとペースを守るか?

今度、UWTTの100kmに出る方から

ご質問がありました

一般的なセオリーだとペースを守る、です。

そして、余力があるようであれば

最後の10㎞くらいからペースを上げてみる。

これが一番安全運転です。

もちろん、余力と残り距離を考えて

もっと早い段階でペースを上げても良いでしょう

やや速く歩けば「貯金」ができて

精神的にも安心できますが、

その「やや速く」を意識した結果の先に

「大きな借金」(急激なペースダウン)

となっては身も蓋もありません。

 

イーブンペースを守って、

目標タイムが切れなかった場合は、

練習が足らなかったとあきらめがつくもの。

オーバーペースだったか。。。

っとなっては実力を出し切れずに終わってしまい

悔いが残ります。

 

お勧めはペースを守り、後半スピードアップです

Follow me!

関連記事

  1. 次回100kmに向けて
  2. 長時間ウォーキングすると、脚(足)が痛くなるという方へ 100㎞…
  3. 100㎞ウォーキングで今季は、なんと5回のトップゴール!
  4. プロ野球開幕!のスポーツ界における意義
  5. ウォーカーズで学ぶ、楽なウォーキング 観るべきポイントは?
  6. クマの古道を歩く
  7. 段階的にトレーニングをして競歩のフォームを身に着けよう
  8. 急激な気温の低下が疲労を生む理由
PAGE TOP