ブログ

75才 女性 ハーフマラソンで10分記録を更新 その直前の練習の腕振りで「どっちを優先すべきですか?」っと聞かれたこと、答えたこと

ハーフマラソン直前のパーソナルで、

スピードを出すために、ピッチを意識した腕振りをするために

っとアドバイスしました。

 

腕を抱えることで、腕の振り幅が小さくなり、ピッチが速くなるからです。

しかし、腕を抱えると、どうしても肩に力が入り、

力んだ腕振りになります。

それも、なんとかしたいと思い

 

「もっとリラックスして腕を振ってみて下さい」

 

すると、両方を同時にするのは難しい。。。

とのこと。

 

大会は、もうすぐ。

そこで、掛けた言葉は

「では、リラックスを優先させてください」

でした。

ハーフは長丁場。上半身の緊張は、下半身にも伝わり

リラックスが出来ない走りは下半身の動作も固くして、疲労を早くさせます。

 

もちろん、それ以外にもいくつかアドバイスはしましたが、

それは、皆さんに当てはまるものではなく、

この方だけに当てはまるもの、を選択して。

 

それが、75才でも10分短縮につながったと思います。

 

Follow me!

関連記事

  1. 片麻痺の方のウォーキングトレーニングでまずは求めたい「安定性」
  2. 競歩式ラン 競歩講習会 競歩の技術の習得は楽しい!
  3. ウォーキング 膝下を振り出す着地、膝下を振り下ろす着地
  4. 世界陸上ドーハ大会 50km競歩 サイドストーリー
  5. ウォーキングを向上させるトレーニング方法⑤ 下り坂をつかう
  6. コーチだからこそ皆にはそれぞれに合った言葉で「声」を掛けたい
  7. ランからウォークは難しく、ウォークからランがやりやすい理由
  8. WEB競歩講習会 全3回 参加者の声①
PAGE TOP