ブログ

75才女性で昨年よりハーフマラソンで10分記録を更新 パーソナル受講者の実りの春シリーズ①

昨年の今時期、こんなブログを書きました。

https://www.pro-walkingcoach.com/blog20180313/

今年も、挑戦して見事、表題の通り10分昨年のタイムを短縮しました。

 

昨年の年末に、またハーフマラソンに出たい、そして「2時間30分を切りたい」

っと言われたときに、少し絶句したのを今でも覚えています。

「出来ない事は言わない」を信条にしているので、

正直に、「とりあえず練習をしてみて、その目標にするかどうかを判断しましょう」

っと、お伝えしました。

 

年齢的にも、どうタイムが落ちないようにしていくか!、ということにチャレンジする年齢で

昨年の記録より10分短縮したい!、っと言われる訳ですから慎重にもなります。

そもそも、昨年の目標も「制限時間以内の完走」。

つまり、打ち切りにならないようにしたい、っとお話しされていたのにその翌年は「2時間30分切る」

 

少しづつ、練習を積み、まずはスピードを磨く、

そして、スピードが付いたらそれを持続させるスタミナを付ける。

 

コツコツとパーソナルを続けていき、ある練習をしてタイムが良く、その割には心拍数も低かったので

初めて「これなら目標に2時間30分切りにして良いと思います!」

っと話させて頂きました。

 

河川敷のコースで最初が下りだったので、そこでタイムをある程度貯金し、後半粘る作戦。

しかし、この作戦は諸刃の剣。

オーバーペースだと折り返して上りになるので、一気に遅くなりタイムを悪くする可能性があります。

しかし、予定通りのタイムで入り、後半もしっかりと粘り

見事、2時間27分台でゴールされました。

 

2時間30分を切って、大喜びされていましたが

ご本人が悔しがっていたことが2つ

グロスのタイムで2時間30分10秒だったこと。

そして、また今年も走りに集中しすぎて「コーラを飲むのを忘れた」ことです。

 

コーラを飲んでいれば、グロスでも切れたかもですね(笑)

Follow me!

関連記事

  1. 平昌五輪を楽しむために絶対に見るべきポイント
  2. パーキンソン病 手の震えを止める簡単な方法
  3. 100kmウォーク 吐き気対策のはなし
  4. 樋熊君、日本中に競歩を知ってもらう旅、無事にゴール
  5. マスターズ陸上、競歩に出るなら必ず自分の眼でご自身のフォームを確…
  6. ウォーキング 競歩 大阪講習会の会場 大阪城公園 を選んだ理由
  7. 講習会に何回も参加してても、難しいと感じること
  8. 無料WEB講習会 競歩式ラン事例紹介講座 7月開催
PAGE TOP