ブログ

リラックスして ウォーキング や 競歩 をするために一番重要なこと

結論から言うと。。。

緊張させることです。

 

なんじゃそりゃ!、っと思う方は多いでしょう。

しかし、これは当然のことです。

 

リラックスした状態では、筋肉に力を入れることは出来ません。

つまり、筋発揮をすることが出来ないので地面を蹴れません。

ダンベルをリラックスして持ち上げられないのと同じことです。

 

力を入れる、という動作の後には、必ずリラックスが必要になります。

常に、足に力を入れたままで歩き続けることは不可能です。

歩けたとしても、すぐに疲れるのは明白です。

 

緊張を意識して作り、緊張を生み出すために、リラックスを作る。

 

運動とはこの繰り返しです。

ただ、大事なのは緊張とリラックスを作る中で

圧倒的にリラックスの時間を長くしてあげることです。

 

これが出来ないと直ぐに疲弊してしまいます。

 

ご自身のウォーキングの動作で、緊張とリラックスをしていることを

しっかりと把握し見ててください。

そうすると、自分のフォームが緊張の多い力任せのフォームなのか否かが

良く分かると思います。

Follow me!

関連記事

  1. 速く歩いた方が楽、と感じる60代女性
  2. ランニングは怪我をしやすい、ウォーキングは怪我をし難い
  3. 74才で27㎞トレイルラン、制限時間より1時間早くゴール! 目的…
  4. ウォーキング・競歩で足の痛みが出る理由
  5. ウォーキング や 競歩で つま先を挙げてかかと着地をしようとする…
  6. パーソナル指導をして想うこと
  7. 運動経験なく初マラソンで4時間35分への道のり
  8. 高地トレーニングについて の雑記
PAGE TOP