ブログ

競歩 骨盤(腰) の使い方 重心を載せて休め!HP表紙写真から探る

HPのトップ画面の写真。

足が筋骨隆々な選手が、今、一歩を踏み出そうとしています。

左ひざが伸び切り、左の骨盤が上にあがり、左の骨盤が下がっているのが分かります。

これは、

https://www.pro-walkingcoach.com/blog20170822/

で、書いた通りに、選手が競歩の動作中に休んでいる動作です。

このときは、左足を一直線にして体重を載せて、左の中殿筋を起点に

左足全体を一本の筋肉と言う意識を持って、身体を前に押し出します。

 

そして、くるぶし辺りの低い位置を、右足のかかとが通過しています。

足が非常に低い位置で、移動しているのが良くわかる写真です。

 

競歩の骨盤の使い方は、よく「お尻を振る」という一般的な表現を使われますが

「お尻を振る」なんてことは、選手はまったくしません。

実際にこの写真でも、骨盤は上にズレてはいるが、横にはズレてません。

本当に腰を振っているのであれば、横に大きくズレるはずです。

 

真似をするのは難しい!、というのは当然ですが

写真の通りの瞬間をウォーキングでも競歩でも意識して作ることが出来るようになれば

きっと、歩くのが楽になると思います。

(うまく出来ればの話ですが・・・)

Follow me!

関連記事

  1. 高価なサプリメントは「効く」のか?
  2. 日本代表を背負う事 背負った者しか分からない領域
  3. 競歩でゴールしたから、自分のフォームが良いフォームだと思うのは誤…
  4. フォームは体型を作る、体型はフォームの履歴書
  5. 変形膝関節症 内側に曲がっても、ウォーキングは出来ます!60代女…
  6. こんなニュースがあったので、協力しようと思ったら。。。
  7. 100kmウォーク UWTTで自己記録を3時間縮めることは可能
  8. ウォーキング・競歩の上達の極意の1つ、それは。。。
PAGE TOP
PAGE TOP