BLOG

ウォーキングブログ

競歩は、簡単で難しい

競歩には、ランにはない「深さ」があります。

それは、「体力」や「最大酸素摂取量」が《競技力》の

優位性を高めるポイントにならない、ということです

 

「技術力」が《競技力》を決める一番の要素です。

 

しかし、「歩く」ということが、あまりにも「身近で」「手軽」なので

競歩では走ってこれだけ速いんだから、歩いてもすぐに速く歩けるようになる!

っと、考える方は多いようです。

 

この《技術力》、簡単かと言われれば簡単、難しいと言われれば難しいです。

それは《身体の使い方に興味がある》とか、《コツコツ積み上げるのが好き》

という方には、簡単なことで。

力任せにどうにかする!、という方には難しく感じる、ということなのです。

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 怪我が多く活躍できなった4年生の卒業に贈った言葉
  2. 痛みから知ろう!
  3. 夢へ、一歩一歩
  4. 選手目線で考えると、意味のない数字「勝率確率」
  5. 日本中に競歩を知ってもらうたび③ 北海道に入りました!
  6. 理学療法とスポーツの融合 後編
  7. 箱根古道と駅伝の道ウルトラ100㎞ウォーク 【マンサンダルで歩い…
  8. 競歩とラン、スピード感を感じるのはどっち? 10㎞を久しぶりに「…
<<
PAGE TOP