ブログ

ウォーキングフォームでチェックしたい 《腕振りと歩幅の関係》

ウォーキングで肘を曲げて腕を振ると

回転数が上がり、スピードが増しますが

ちょっとした落とし穴があります。

それは。。。

 

「肘を曲げて腕を振るとストライドが短くなる」

 

という方が結構多くいます。

ブログでも良く書いてますが、スピードを作る因子は

「回転数」×「歩幅」

この二つに掛け算です。ですから、回転数が上がっても歩幅が短くなれば

効果的にスピードアップしません。

 

ですが、肘を曲げて腕を振ることで、歩幅が短くなる方は、多くいます。

肘を伸ばして腕を振った時の、歩幅の広さと、

肘を曲げて腕を振った時の、歩幅の広さを、感覚値でも良いので

比べてみて下さい。

もし、肘を曲げて腕を振った時に歩幅が短くなった、と感じる方は

歩幅を短くしないように意識する必要があるでしょう!

Follow me!

関連記事

  1. どんな「がん」の予防にウォーキングは役立つのか
  2. 暑い日にウォーキングをスタートする前に。2019
  3. ランの後でも、太ももの前が筋肉痛にならない方法
  4. ウォーキング ランニングでの鼠径部の痛み 対処
  5. 競歩講習会in外苑 2018年6月開催!!やります!!!
  6. 人生初の警視庁 心に残ったこととは。
  7. ふくらはぎは第2の心臓
  8. 皆さんのフォームを動画でみて、昔の自分を思い出す
PAGE TOP