ブログ

ウォーキングを始める! ウォーキング初心者が気を付けたい「目線」

ウォーキングをしようと思うと、当然「上手に歩きたい」

っと思うものです。

 

そうなると、ちゃんと歩けているかどうか?目線で確認しがちです。

かかとから着地しているか?

姿勢が正しくとれているか?

などなど、です。

 

私も良くフォームを目線で確認しようとして

目線を下げるたびにコーチから「地面には何も落ちていないぞ」

っと言われたものです。

 

目線を下げると腰が引けてしまうので、姿勢が崩れやすく

目で確認する割にはうまく修正ができません

 

あくまでも「感覚」の中で姿勢や着地を気を付けた方が

上手に歩け、スムーズさも生まれます。

 

目線は70mくらい先を見る意識を持ち

腰が引けないように気を付けましょう

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング や 競歩 でペースが速くて苦しくなった時に、ペース…
  2. 擬音で表現して相手に伝えるために
  3. 競歩での失格は、レベルアップのサイン 「競歩を難しい」という言葉…
  4. 1kmをまずは10分で歩くことは、初心者ウォーカーもベテランウォ…
  5. 呼吸がきつくなった時にしたいこと
  6. 運動履歴が乗馬の60代後半女性が時速8.7㎞でウォーキングしたと…
  7. ランが速い=ウォークも速い、とは限りません
  8. イチロー選手の領域、男子20㎞競歩 山西選手・男子50㎞競歩 鈴…
PAGE TOP
PAGE TOP