ブログ

ウォーキングを始める! ウォーキング初心者が気を付けたい「目線」

ウォーキングをしようと思うと、当然「上手に歩きたい」

っと思うものです。

 

そうなると、ちゃんと歩けているかどうか?目線で確認しがちです。

かかとから着地しているか?

姿勢が正しくとれているか?

などなど、です。

 

私も良くフォームを目線で確認しようとして

目線を下げるたびにコーチから「地面には何も落ちていないぞ」

っと言われたものです。

 

目線を下げると腰が引けてしまうので、姿勢が崩れやすく

目で確認する割にはうまく修正ができません

 

あくまでも「感覚」の中で姿勢や着地を気を付けた方が

上手に歩け、スムーズさも生まれます。

 

目線は70mくらい先を見る意識を持ち

腰が引けないように気を付けましょう

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングを向上させるトレーニング方法③ 良いフォームと悪いフ…
  2. ウォーキング 掌(手のひら)は握るべき?開くべき?
  3. ウォーキングや競歩で、スピードを維持し続けることができない要因
  4. 着地の感触「グニュ」という情報からした、フォーム修正とは?
  5. 競歩には「速く歩くための技術が詰まっている」
  6. 元五輪選手が伝授するウォーキングや競歩で背中を柔軟に使うためのド…
  7. プロ(実業団選手)と一般ウォーカー・ランナーとの差を生むもの
  8. ウォーキングのための腹筋をしよう!
PAGE TOP