ブログ

ウォーキング プロとアマチュアの境目とは?

ウォーキングやマラソンで、「プロとアマチュア」を区別する定義があるとすれば

ウォーキングやマラソンで「収入」があるのか、ないのか?

というところでしょう。

 

そうなると、マラソンは実業団で多くの選手を抱えているので

職業としての長距離ランナーは多いですが、ウォーキングとなるとまだまだ一握りです。

 

収入以外の部分で判断するとなると、

「速さ」が一つのプロとアマチュアを分ける一つの要因でしょう。

当然、プロの方が「速さ」があります。

 

そうなると、その「速さ」の作り方にも「プロとアマチュア」の差が生まれてきます。

 

速さをレベルアップさせるためには、ただ「ウォーキングをする」といったトレーニングはしなくなります。

どう、身体を使えばいいのか?

どう、トレーニングすればいいのか?

どう、大会でコンディションを合わすことが出来るか?

といったように、「とにかく歩く」といったようなトレーニングはしません。

1つ1つのトレーニングに意味と目的を持たせて、トレーニングをする必要があります。

 

では、「アマチュア」はプロのようなトレーニングをする必要はない?のでしょうか。

 

個人的には決してそんなことは無いと思っています。

ただ、ウォーキング大会に出て、歩けば良い、となってくると

ウォーキングをスポーツとして楽しめていない気がします。

 

スポーツとして楽しむとなると、

ゴールという「達成感」

やりとげたという「充実感」

さらにうまくなりたい「向上心(チャレンジ精神)」

この3つは不可欠です。

 

アマチュアの方と言えども、この3つが無い訳では決してありません。

「ただ、歩けばいい」

から、目的や意味を持ったウォーキングに昇華する人が増えれば

もっと、ウォーキングは楽しい「スポーツ」になると思います。

Follow me!

関連記事

  1. 男子マラソンが活況です! 一般ランナーは誰を真似すべきか?
  2. 番組収録!!!
  3. ウォーキング・ランで個々に合った情報をどう手に入れるか?
  4. 競歩トップ女子選手にみる「競歩の腕振り」
  5. 62才で9年ぶりの自己記録を「競歩式ラン」で更新!
  6. 選手にも観客にも、まったく配慮してません、選手ファーストとは言わ…
  7. 50km競歩は東京五輪で表彰台独占できる!っと思わせてくれる川野…
  8. 10㎞を47分台で歩いた(競歩)したとき、キツイ感じたときに意識…
PAGE TOP