ブログ

競歩・ウォーキングのための、家でもできる腕振りトレーニング

腕振り 五輪でみる競歩とマラソンの違い

まずは上記のブログで、ランニングとウォーキング・競歩での

腕振りの違いを理解しましょう

 

腕振りのトレーニング

①上半身が鏡に映る場所に立ちます

※上半身だけが映ればOK、前後に腕を振ったときに見切れてしまわないように

②肘におもりがあるイメージで前後に振ります

③鏡に映る腕振りのフォームを観察

ー肩が前後に動いていないか?

ー頭の位置が左右にブレていないか?

ー力んで振っていないか?

上記の点を、観察ししつつ

もし、該当するようであれば修正しながら腕を振りましょう

Follow me!

関連記事

  1. 足裏(土踏まず)がウォーキング や 競歩で痛くなる、という方へ
  2. 世界記録保持者が語る、競歩選手に必要な最も能力とは?
  3. ハンディを武器に変えることが出来るのが競歩の魅力
  4. パーソナルウォーキングジムで、パーソナルだかこそ意識しなければな…
  5. ウォーキングや 競歩 上半身と下半身の連動がうまく出来ていれば「…
  6. 100㎞ウォークチャンピオンとのウォーキング対談 Vol1 10…
  7. YouTubeで競歩を見るときに注意すべきポイント
  8. 前の歩幅(ストライド)・後ろへの歩幅(ストライド)
PAGE TOP