ブログ

競歩・ウォーキングのための、家でもできる腕振りトレーニング

腕振り 五輪でみる競歩とマラソンの違い

まずは上記のブログで、ランニングとウォーキング・競歩での

腕振りの違いを理解しましょう

 

腕振りのトレーニング

①上半身が鏡に映る場所に立ちます

※上半身だけが映ればOK、前後に腕を振ったときに見切れてしまわないように

②肘におもりがあるイメージで前後に振ります

③鏡に映る腕振りのフォームを観察

ー肩が前後に動いていないか?

ー頭の位置が左右にブレていないか?

ー力んで振っていないか?

上記の点を、観察ししつつ

もし、該当するようであれば修正しながら腕を振りましょう

Follow me!

関連記事

  1. 動画フィードバック付き講習会参加者のお声
  2. 理学療法士の先生方と変形性膝関節症のウォーキングの勉強会
  3. ウォーキングのスピードを上げる為に、意識したのはピッチ。結果、時…
  4. ウォーキングや競歩で姿勢の基準となる、身体の左右の境目にあるもの…
  5. 自分のフォームを見ることと、それを正確に診断すること
  6. ウォーキング や 競歩 足を前に出す動作で間違いがちなこと
  7. ウォーキング 競歩でシューズに求めるべきもの
  8. ウォーキング 競歩で 自分の姿勢を把握するのは、難しい。。。
PAGE TOP