BLOG

ウォーキングブログ

競歩選手のお手本、ジェファーソン・ペレス

2007年世界陸上大阪大会男子20㎞競歩で優勝した

ジェファーソン・ペレス選手です。

ジェファーソン・ペレス選手は世界陸上を大阪大会まで3連覇し、五輪の金メダリストにもなった

名選手です。

ペレス選手のフォームは当時絶賛されていました。

柔らかい膝関節で重心の上下動がほとんどなく、地面に吸い付くように歩くフォームは

良くお手本となっていました。

肘の引きの高いところや、後ろへの歩幅(足離れが遅い)ところは、初心者でも見習えるところです。

 

実は、彼には2度ほど勝ってます。

ビリヤードで(笑)。

ドイツ遠征でたまたま同宿になり、夜になんだかビリヤードをやることになり

運よく勝てました。

あとは、実は世界陸上エドモントン大会、私が7位でペレス選手が8位

きっと彼にはビリヤードしか勝てないだろうなぁ、っと思っていたので

ゴールして彼が私の次にゴールしてきたのに、とてもビックリしたのを覚えてます。

Follow me!

関連記事

  1. パーキンソン病 手の震えを止める簡単な方法
  2. 「競歩愛に満ちたTV解説とその背景 ~オリンピック競歩解説者・柳…
  3. 74才で27㎞トレイルラン、制限時間より1時間早くゴール! 目的…
  4. ウォーキング ペース感覚が分からない、時にまずは意識したいこと
  5. 競歩式ラン 競歩講習会 競歩の技術の習得は楽しい!
  6. 時速4㎞でウォーキングすれば、時速6㎞でウォーキングできる(もち…
  7. 変形膝関節症 でしていい ウォーキングの距離・速度・頻度の要因
  8. 心拍数は自分のラン・ウォーキングの技術が向上したかが分かる指標
<<
PAGE TOP