ブログ

競歩選手のお手本、ジェファーソン・ペレス

2007年世界陸上大阪大会男子20㎞競歩で優勝した

ジェファーソン・ペレス選手です。

ジェファーソン・ペレス選手は世界陸上を大阪大会まで3連覇し、五輪の金メダリストにもなった

名選手です。

ペレス選手のフォームは当時絶賛されていました。

柔らかい膝関節で重心の上下動がほとんどなく、地面に吸い付くように歩くフォームは

良くお手本となっていました。

肘の引きの高いところや、後ろへの歩幅(足離れが遅い)ところは、初心者でも見習えるところです。

 

実は、彼には2度ほど勝ってます。

ビリヤードで(笑)。

ドイツ遠征でたまたま同宿になり、夜になんだかビリヤードをやることになり

運よく勝てました。

あとは、実は世界陸上エドモントン大会、私が7位でペレス選手が8位

きっと彼にはビリヤードしか勝てないだろうなぁ、っと思っていたので

ゴールして彼が私の次にゴールしてきたのに、とてもビックリしたのを覚えてます。

Follow me!

関連記事

  1. 競歩・ウォーキング・ランニングで、効果的なトレーニングメニューを…
  2. ランの後でも、太ももの前が筋肉痛にならない方法
  3. ウォーキング・競歩で足の痛みが出る理由
  4. 大会を運営する側と選手が対等ではない、ということが浮き彫りになっ…
  5. 初心者 のための トップウォーカーのフォーム解説① 【体幹が身体…
  6. 日大アメフト問題、スポーツも被害者。。。
  7. スポーツ庁長官とウォーキングします!
  8. ウォーキング初心者が目指したい!「ウォーキング」よりちょっと速い…
PAGE TOP
PAGE TOP