ブログ

高地トレーニングについて の雑記

無料ZOOM講習会 心拍数を活用したトレーニング(基礎編)

現役の頃、よく高地トレーニングに行っていました

一番最初は、中国・日本の合同測定トレーニング事業で

青海省に1か月滞在しました。

そのときは、通常は1500m程度のところで合宿し、1週間程度4000m前後に滞在し

また1500mでのトレーニング。

毎朝、スポーツ科学研究所のスタッフが検温・心拍測定・血圧測定

かなり科学的なアプローチでトレーニングをしていました。

 

そこから少しブランクがありましたが

メキシコシティ―(標高2200m)・中国(昆明)・スペイン(ピレネー)・オーストラリア(スレッドボ)

様々な場所での高地トレーニングの経験があります。

 

様々な高地トレーニングの論文がありますが

低酸素下でのトレーニングは、やはり効果はあると思います。

ただ、1日60分だけの低酸素ルームでのトレーニングには

やはり懐疑的です。

 

向き不向きも当然あります

ヘモグロビン濃度の高い方は、あまり無理をしない方が良いでしょう

それは、血液が濃くなりすぎる!、という事だけでは「なくて」です。

 

皆さんに知っておいてほしいのは

キツいトレーニング=効果が高いトレーニング

ではないという事です。

 

結果が出るトレーニング=良いトレーニングなのです。

 

低酸素ルームでのトレーニングは効果があるか?高地トレーニングを繰り返しておこなってきた見地から。

 

Follow me!

関連記事

  1. 変形膝関節症 でしていい ウォーキングの距離・速度・頻度の要因
  2. ウォーキング講習会in代々木公園で想う 講習心得
  3. 多くの方にこのサイトを知ってもらいたい っと思う
  4. 本日、ウォーキングツアーのNHK撮影が無事に終了
  5. 汗を掻きたくない人こそ、運動するなら「今でしょ」
  6. 日本中に競歩を知ってもらう旅① 樋熊 敬史スタートしました
  7. 世界陸上ドーハ大会 一番強いのは自分だという強い気持ち 高橋英樹…
  8. ウォーキング や 競歩 の講習会は1回受ければ充分???
PAGE TOP