BLOG

ウォーキングブログ

高地トレーニングについて の雑記

無料ZOOM講習会 心拍数を活用したトレーニング(基礎編)

現役の頃、よく高地トレーニングに行っていました

一番最初は、中国・日本の合同測定トレーニング事業で

青海省に1か月滞在しました。

そのときは、通常は1500m程度のところで合宿し、1週間程度4000m前後に滞在し

また1500mでのトレーニング。

毎朝、スポーツ科学研究所のスタッフが検温・心拍測定・血圧測定

かなり科学的なアプローチでトレーニングをしていました。

 

そこから少しブランクがありましたが

メキシコシティ―(標高2200m)・中国(昆明)・スペイン(ピレネー)・オーストラリア(スレッドボ)

様々な場所での高地トレーニングの経験があります。

 

様々な高地トレーニングの論文がありますが

低酸素下でのトレーニングは、やはり効果はあると思います。

ただ、1日60分だけの低酸素ルームでのトレーニングには

やはり懐疑的です。

 

向き不向きも当然あります

ヘモグロビン濃度の高い方は、あまり無理をしない方が良いでしょう

それは、血液が濃くなりすぎる!、という事だけでは「なくて」です。

 

皆さんに知っておいてほしいのは

キツいトレーニング=効果が高いトレーニング

ではないという事です。

 

結果が出るトレーニング=良いトレーニングなのです。

 

低酸素ルームでのトレーニングは効果があるか?高地トレーニングを繰り返しておこなってきた見地から。

 

Follow me!

関連記事

  1. 競歩・ウォーキングで、歩きながら考えれば、勝手にスピードが出る思…
  2. マスターズスポーツの祭典 ワールドマスターズゲームズ関西の開催日…
  3. 1㎞をどれぐらいの速さでウォーキング出来ますか?
  4. WEB講習会 6月開催 2日目の本講習を終えて移動中
  5. ウォーキングを上達するためトレーニングメニューを考える。トレーニ…
  6. 出雲駅伝、中止に想う
  7. 再募集【競歩】動画フィードバック付き初心者向け講習会 2023年…
  8. 20km競歩 能美大会が見せた20km競歩メダル獲得の可能性
<<
PAGE TOP