ブログ

体幹トレーニングとしての「競歩」の活用

体幹を鍛えることは、どんなスポーツにとってもとても重要なことです。

そもそも体幹とはどこを指すのか?
両腕と両足を除いた「胴体」、その鳩尾から脚の付け根部分くらいまでを
一般的には指します

体幹が安定をすると、四肢が格段に動かしやすくなります
止まる所があるからこそ、動かせるのです。

以前も似たようなことをブログ内で書きました

https://www.pro-walkingcoach.com/blog20171116/

体幹(骨盤)を使うので、体幹トレーニングになる、という内容です。

もう少し踏み込んで書くと

体幹から、四肢を使うということを意識する

と言うのも競歩の最大の特徴です。

つまり、四肢の動かし始めは体幹ということです。

この意識ができるようになると、身体操作がしやすくなり、とても楽になります。

 

腕だけで腕を動かす、足だけで足を動かす、にならないからです。

 

もちろん競歩はそう簡単にはできません。

ですが、「そうやって動かそう(骨盤を使って四肢を動かそう)」

っと意識するだけでも、上手にできなくても確実に効果はあります。

 

ぜひ、動かない・上手くいかなくても、体幹から動かそう!という意識は持ち続けましょう!

Follow me!

関連記事

  1. 1996年に伝えられたジョルディ氏による 競歩のためのドリルトレ…
  2. メール通信でも・身長150㎝でも・40㎞を時速7㎞平均でゴールで…
  3. WEB雑誌の取材依頼の折り合いがつかなかったことに想う
  4. 2018年 冬のウォーキングウェアでのおススメは・・・
  5. ウォーキングや競歩では、スピードを出すことが実はスタミナを奪わな…
  6. 日大アメフト問題、スポーツも被害者。。。
  7. 競歩のルールとは?ZIPのメダルラッシュをより楽しんでみるために…
  8. 速く歩いて、走っている人を抜こうとしたときに気を付けていたこと
PAGE TOP