BLOG

ウォーキングブログ

競歩 ウォーク ラン でペースを遅くすれば、楽になる?は本当か

多くの方は、ペースを遅くすれば

楽になると思っている方が多いようです

ここで楽になる!っと言っているのは、あくまでも心肺機能です

 

もちろん、ペースが遅くなれば体内で必要とする

酸素量が少なくなるため、心臓が酸素を必死に送り込む必要がなくなるので

呼吸は楽になるでしょう。

 

ですが、フォームが悪いと決して楽になる、とは限りません

 

スピードの遅くするやり方を「ブレーキをかける」

というやり方で遅くしてしまえば、かえって筋力への負担は大きくなります。

スピードを遅くしたらなんだか余計に疲れた。。。

なんて経験はベテランであるほど多い気がします。

 

遅く走る、これにもテクニックがいります

そうしないと、ブレーキを掛けるだけ。

ブレーキを掛けてスピードを落とすのではなく

ギアを変えてスピードを落とす。

そんな感じを意識しましょう

Follow me!

関連記事

  1. パーソナルトレーニングで驚かれること
  2. 健康を目的としたウォーキングのスピードって時速◯㎞ #健康 #ウ…
  3. ランから#ウォーク に転向した方が感じたウォークの利点 #ウォー…
  4. サブ5に、「歩く」という選択
  5. 10㎞をウォーク、速く歩くためにバリエーションをつけて歩く その…
  6. 暑さ対策 ウォーキングのための身体の冷やし方 ウォーキングしてい…
  7. 東京エクストリームウォーク11月 初めての距離だけどペースはゆっ…
  8. 東京エクストリームウォーク100㎞ 完歩おめでとうございます!
<<
PAGE TOP