ブログ

競歩 ウォーク ラン でペースを遅くすれば、楽になる?は本当か

多くの方は、ペースを遅くすれば

楽になると思っている方が多いようです

ここで楽になる!っと言っているのは、あくまでも心肺機能です

 

もちろん、ペースが遅くなれば体内で必要とする

酸素量が少なくなるため、心臓が酸素を必死に送り込む必要がなくなるので

呼吸は楽になるでしょう。

 

ですが、フォームが悪いと決して楽になる、とは限りません

 

スピードの遅くするやり方を「ブレーキをかける」

というやり方で遅くしてしまえば、かえって筋力への負担は大きくなります。

スピードを遅くしたらなんだか余計に疲れた。。。

なんて経験はベテランであるほど多い気がします。

 

遅く走る、これにもテクニックがいります

そうしないと、ブレーキを掛けるだけ。

ブレーキを掛けてスピードを落とすのではなく

ギアを変えてスピードを落とす。

そんな感じを意識しましょう

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングをしているときに、感じたい「足裏の感覚」
  2. 身体の疲労を回復させる2大要素
  3. 競歩・ウォーキング・ランニング、疲れたときについしてしまう「やっ…
  4. ウォーキング 初心者でもベテランでも 坂を上るときにしたい腕の振…
  5. 足には左右差がある、のは普通の事です。
  6. 競歩 骨盤(腰) の使い方 重心を載せて休め!
  7. 膝を伸ばした方が良い理由
  8. とある日のウォーキング(競歩)の練習、それで分かったこと
PAGE TOP