ブログ

女子高生の競歩選手にとって、時速10㎞は遅い方。成人男性が時速8㎞で歩けてもまったく不思議はありません

成人男性の方で、講習会に参加される方に

速く歩けない、、、

という問いに、女子高生の競歩選手の話をします。

 

女子高生の競歩選手がまず目指すのは5㎞30分で歩くこと

つまり時速10㎞です。

時速10㎞で5㎞を歩けたとしても、高校生の女子選手としては

決して速い部類には入りません。やや遅い方と言っていいでしょう

インターハイ出場するなら25分は切りたい(つまり時速12㎞)

 

では、成人男性と女子高生

体力測定をしたときに、どっちが勝つでしょうか?

反復横跳びや、ボール投げ、スクワットの回数や腕立ての伏せのできる回数

多くの場合は、成人男性が勝つことができるでしょう

 

ですが、競歩の女子高生は時速10㎞で歩けるけど、

成人男性は時速8㎞で歩くことすらできない方がほとんどです。

体力的には圧倒的に優位なのに

この差は?

 

それは、「速く歩く技術を身に着けているかどうか」だけです。

 

今日のパーソナルの方は、ご自身ではどんなに頑張っても8分/kmを切れない

ということでしたが、60分のパーソナル後には7分40秒を切って歩いてました。

それほど、無理をせず。

 

女子高生が速く歩く技術を、少しかじれば体力のある成人男性は

あっという間にスピードが上がります。

 

時速8㎞で歩くことは決して難しいことではないのです

 

Follow me!

関連記事

  1. 腕振りが生み出すもの 競歩のモーションキャプチャーからわかる事①…
  2. 理学療法士の先生方と変形性膝関節症のウォーキングの勉強会
  3. 競歩 ウォーク ラン でペースを遅くすれば、楽になる?は本当か
  4. ナイキの厚底シューズのウォーキングや競歩での威力を探る
  5. 2018UWTT無事に終了!
  6. 肘を曲げたウォーキングで初心者がつい失敗してしまう事
  7. ウォーキングを習うと、70才女性でも手軽に15㎞をサッと歩く
  8. ウォーキングで ふくらはぎ が痛くなる という方
PAGE TOP