ブログ

ウォーキングを向上させるトレーニング方法⑥ 腕を回してウォーキング

この方法は、NHKと番組を制作したときに

番組内でも紹介した、

ウォーキングを向上させるドリルトレーニングです。

ほかにもいくつか撮影はしたのですが、

TV的に演者がうまくいかず、見た目に面白かったので

これが使われたようですが・・・

 

やり方は、言葉通り腕を後ろ回しをしながら歩くです。

ただ、振り出して足が着地するタイミングで、同じ側の手が振り下ろされる。

ということに気を付けます。

 

そうすることで、着地した足に重心が載ることが出来るので

力を込めて地面を蹴らなくても、スムーズに前に進むことができます。

 

しかし、力を込めて前に進むことに慣れてしまった方は

簡単にスピードが出ると、体感として速くなった気がしないという

ことがおきて、不安になります。

 

なんとも贅沢な不安ですが、速くなったけど、楽なのが不安という・・・(笑)

TVを見た方も、見てない方も、またやってみてください。

Follow me!

関連記事

  1. 前の歩幅(ストライド)・後ろへの歩幅(ストライド)
  2. 競歩 ( フォーム動画)が 体幹 のトレーニング になり、柔軟に…
  3. WEB競歩講習会! 全3回で課題をクリアしながら進める講習会です…
  4. 股関節が悪い作業療法士さんと20kmをウォーキング
  5. ウォーキングで速く歩けた時に、感じる感覚
  6. ラン・競歩 動きづくりドリルトレーニングで、意識しなければいけな…
  7. 履いて試してみれば分かります。マラソンで厚底ブームですが、ウォー…
  8. 競歩 ウォーキング で 長距離では、ペースを作る時に意識したいこ…
PAGE TOP
PAGE TOP