BLOG

ウォーキングブログ

時速7㎞が決して難しいスピードではない理由

競歩選手のトップ選手は時速15㎞(4’00/㎞)で20㎞を歩きます。

単純に計算すると

「歩幅1.1m:回転数227歩/分」

ということです。

ですから、時速7㎞で歩く、ということはハッキリ言って半分以下のスピードですから

決して速いペースでもなく、「徒歩」と言って良いレベルです。

時速7㎞(8’34/㎞)で歩くのには

単純に計算すると

「歩幅1.1m:回転数106歩/分」

回転数は当然半分以下です。

歩幅を広げなくても

「歩幅70㎝:回転数167歩/分」。。。

遅いです(競歩選手からすれば)

 

決して時速7㎞で歩くことは難しいことでは無い。

ですが、運動効果は高い!

 

競歩の「速く歩く技術」を学べば

多くの方が手軽に時速7㎞以上で歩けるようになるでしょう

 

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングシューズの上手な選び方 2022年6月版
  2. 競歩 中級者以上なら積極的におこないたい「全速力で歩く!」トレー…
  3. 競歩 速く歩くフォーム=違反ギリギリのフォーム、ではありません
  4. 【100㎞ウォーキング】の無料オンライン講習会開催します!
  5. #速く歩けない という方が陥りやすい、速く歩けない理由は? #変…
  6. 免疫力UPの食事メニュー 日本陸連が選手向けに情報発信
  7. とある日のウォーキング(競歩)の練習、それで分かったこと
  8. 【健康のために】ウォーキングをするということ 速く歩く を 健康…
<<
PAGE TOP