BLOG

ウォーキングブログ

ウォーキングでつま先で地面を蹴る、癖が治らない、、、という方は

つま先で地面を蹴る、という事は

重心が上下に動いてしまい、

前に進みには非効率な動作となってしまいます。

地面を蹴っている!、という感覚を得やすいので

地面を蹴る癖のある方は、この「グっ」っと蹴って返ってくる

反発を頼りリズムを作っている方も多いです。

けれどウォーキングが終わった後はふくらはぎがパンパン、という方も多いはず。

 

地面を蹴る方は、

リズムの取り方を

「腕振りの肘」を振ることを意識する

肘にポイントを作ってあげることは、身体の近い部位を使うので

比較的リズムはとりゃすくなります。

 

かかとで蹴る!という意識を持つ

かかとで蹴る、という意識を持つと

まず、身体が上に持ち上がることはありません。

 

足の裏の重心移動を、意識する

かかとからつま先まで足の裏で体重が移動していくのを

感じながら歩きましょう!

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 冬季五輪の難しさを改めて観戦しながら想う
  2. ウォーキングエコノミー・ランニングエコノミーを高めるフォームで大…
  3. 70歳前後の方のウォーキングフォームの特徴
  4. 格好良かった高橋英輝選手の回答 競歩トップ選手との交流会&リレフ…
  5. 90代でも世界新記録を連発、きっとこれから飛躍的に世界記録は更新…
  6. 誰かに押してもらってウォーキングしていたら?どんな姿勢だと進みや…
  7. テン6ウォーク 2023年6月
  8. 競歩選手のお手本、ジェファーソン・ペレス
<<
PAGE TOP