ブログ

骨盤を使ってウォーキング、を難しくしているもの

骨盤を使って「歩く」ことは、

トレーニングをしないと難しい、競歩技術ではありません。

実際に、街中を歩いている人の後ろ姿をみると

腰が回りながら歩いている人は、決して少なくないのが良く分かります。

無意識にそうやって歩いているのでしょう。

 

特に歩き出したばかりの赤ちゃんは、骨盤を回しながら歩いています。

 

無意識だったり、本能であったりすれば、

簡単にできるのに、「意識的に動かす」となったとたんに

難しくなります。

漠然と身体を使うことしかしていないと、いざ動かそうと思ったときに

神経回路が出来ていないので、無意識ならできるけど「意識して」では出来なくなるのです

皆さんにも一度は出来た動作を、改めて意識してやろうとしたときに

うまく出来なかった経験はあると思います。

 

パフォーマンスの再現性を高めるのは反復練習しかありません。

出来た動きの感覚を忘れないように、繰り返すことはとても大切なことです。

 

Follow me!

関連記事

  1. 100㎞ウォークチャンピオンとのウォーキング対談 Vol1 10…
  2. ウォーキング (競歩も)で体重移動のポイントは、「足裏」にあり!…
  3. ウォーキング 競歩で片脚に重心をしっかりと載せると起こる現象
  4. ウォーキング 1歩の中に緊張とリラックスを生み出すことが大切
  5. 元五輪競歩選手が教える ウォーキング 競歩 の技術 膝下を振出せ…
  6. ウォーキングで太もも前を使わない!、意識出来ますか?
  7. YouTubeで競歩を見るときに注意すべきポイント
  8. 競歩の歩き方 74才女性でも綺麗な競歩で歩けます
PAGE TOP