ブログ

骨盤を使ってウォーキング、を難しくしているもの

骨盤を使って「歩く」ことは、

トレーニングをしないと難しい、競歩技術ではありません。

実際に、街中を歩いている人の後ろ姿をみると

腰が回りながら歩いている人は、決して少なくないのが良く分かります。

無意識にそうやって歩いているのでしょう。

 

特に歩き出したばかりの赤ちゃんは、骨盤を回しながら歩いています。

 

無意識だったり、本能であったりすれば、

簡単にできるのに、「意識的に動かす」となったとたんに

難しくなります。

漠然と身体を使うことしかしていないと、いざ動かそうと思ったときに

神経回路が出来ていないので、無意識ならできるけど「意識して」では出来なくなるのです

皆さんにも一度は出来た動作を、改めて意識してやろうとしたときに

うまく出来なかった経験はあると思います。

 

パフォーマンスの再現性を高めるのは反復練習しかありません。

出来た動きの感覚を忘れないように、繰り返すことはとても大切なことです。

 

Follow me!

関連記事

  1. 長時間ウォーク、体重が減る バテ防止の目安と対処
  2. 在宅ワークのため生活のリズムを作るために朝にトレーニングする方が…
  3. 東京エクストリームウォーク コースをウォークする
  4. 75才 女性 ハーフマラソンで10分記録を更新 その直前の練習の…
  5. メール通信の受講者から嬉しいメール
  6. 10㎞ウォーク 55分18秒で歩く(競歩)  Garminデータ…
  7. 100kmをウォーキングで完歩するための呪文
  8. ウォーキング や競歩で、スムーズに身体を前に押し出すためにやりた…
PAGE TOP