ブログ

骨盤を使ってウォーキング、を難しくしているもの

骨盤を使って「歩く」ことは、

トレーニングをしないと難しい、競歩技術ではありません。

実際に、街中を歩いている人の後ろ姿をみると

腰が回りながら歩いている人は、決して少なくないのが良く分かります。

無意識にそうやって歩いているのでしょう。

 

特に歩き出したばかりの赤ちゃんは、骨盤を回しながら歩いています。

 

無意識だったり、本能であったりすれば、

簡単にできるのに、「意識的に動かす」となったとたんに

難しくなります。

漠然と身体を使うことしかしていないと、いざ動かそうと思ったときに

神経回路が出来ていないので、無意識ならできるけど「意識して」では出来なくなるのです

皆さんにも一度は出来た動作を、改めて意識してやろうとしたときに

うまく出来なかった経験はあると思います。

 

パフォーマンスの再現性を高めるのは反復練習しかありません。

出来た動きの感覚を忘れないように、繰り返すことはとても大切なことです。

 

Follow me!

関連記事

  1. 自分のフォームは、見るだけで速くなれる
  2. 暑い日のトレーニング後にしたいリカバリー方法
  3. ウォーキングで肘を曲げて腕を振った方が、疲れにくい理由
  4. ウォーク 競歩 年齢を重ねれば重ねるほど、ただ長い距離だけを歩い…
  5. 歩いて走る人を抜くために必要なこと
  6. ウォーキング-ランニングで脚が攣る方へ ②
  7. スピードアップのために「足は前に出さない!」っとパーソナルトレー…
  8. 運動履歴が乗馬の60代後半女性が時速8.7㎞でウォーキングしたと…
PAGE TOP