BLOG

ウォーキングブログ

骨盤を使ってウォーキング、を難しくしているもの

骨盤を使って「歩く」ことは、

トレーニングをしないと難しい、競歩技術ではありません。

実際に、街中を歩いている人の後ろ姿をみると

腰が回りながら歩いている人は、決して少なくないのが良く分かります。

無意識にそうやって歩いているのでしょう。

 

特に歩き出したばかりの赤ちゃんは、骨盤を回しながら歩いています。

 

無意識だったり、本能であったりすれば、

簡単にできるのに、「意識的に動かす」となったとたんに

難しくなります。

漠然と身体を使うことしかしていないと、いざ動かそうと思ったときに

神経回路が出来ていないので、無意識ならできるけど「意識して」では出来なくなるのです

皆さんにも一度は出来た動作を、改めて意識してやろうとしたときに

うまく出来なかった経験はあると思います。

 

パフォーマンスの再現性を高めるのは反復練習しかありません。

出来た動きの感覚を忘れないように、繰り返すことはとても大切なことです。

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング 競歩で、「骨盤で歩く」ために、作りたい軸、とは
  2. 時速7㎞が決して難しいスピードではない理由
  3. ケアマネジャーさんが、参加された動機 動画フィードバック付き講習…
  4. 【ランの方が】ウォークで左右バランスを整えるために気を付けたいこ…
  5. 時速7㎞でウォーキング!は難しくない。街中にあるものを上手く活用…
  6. 【マラソンを完歩する】サブ4はハードルは高いけど、まずはサブ5か…
  7. 【ウォーキングでマラソン完走】主要なマラソン大会でも十分可能です…
  8. 速く 楽に ウォーキングする 姿勢の写真
<<
PAGE TOP