ブログ

ウォーキング・ランニング 寒い時期の「鼻水」対策

寒い時期だと、ウォーキングをしてもランニングしても

鼻水に悩まされる人は多いのではないでしょうか?

鼻を啜ると、どうしても喉に溜まり

垂れ流しても口に入ってくるので、結局は喉に溜まります。

痰のようになるし、呼吸もしずらく深い感がMAXです

 

では、どのように対策してるかというと

一人でトレーニングしているときは、、、

基本的には垂れ流しです(笑)

で、どうしようも無くなったら手袋の「内側」で拭く、です。

(もちろん、トレーニング後は洗濯します)

 

鼻を啜ることはほとんどしません。

呼吸がしずらくなりますから、、、

 

ちなみに手袋の「内側」で拭くのは、

汗を拭くのに手袋の外側(甲側)を使うためです。

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 講習会に何回も参加してても、難しいと感じること
  2. 二の腕を細くする、一番のエクササイズとは?
  3. 医療従事者からのお尻も脚だと思って歩くときの身体の使い方のアプロ…
  4. ウォーキング や 競歩 でペースが速くて苦しくなった時に、ペース…
  5. ウォーキングのスピードを上げる為に、意識したのはピッチ。結果、時…
  6. 水分を摂ってもトレーニング後に水分を摂りたくなる・水のシャワーを…
  7. 100kmウォーク 乳酸を燃やせ!!
  8. 【ウォーキング 競歩】基本的なこと、一歩にしっかり立てますか?
PAGE TOP
PAGE TOP