ブログ

ウォーキング・ランニング 寒い時期の「鼻水」対策

寒い時期だと、ウォーキングをしてもランニングしても

鼻水に悩まされる人は多いのではないでしょうか?

鼻を啜ると、どうしても喉に溜まり

垂れ流しても口に入ってくるので、結局は喉に溜まります。

痰のようになるし、呼吸もしずらく深い感がMAXです

 

では、どのように対策してるかというと

一人でトレーニングしているときは、、、

基本的には垂れ流しです(笑)

で、どうしようも無くなったら手袋の「内側」で拭く、です。

(もちろん、トレーニング後は洗濯します)

 

鼻を啜ることはほとんどしません。

呼吸がしずらくなりますから、、、

 

ちなみに手袋の「内側」で拭くのは、

汗を拭くのに手袋の外側(甲側)を使うためです。

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 100㎞ウォーク完歩! しおや100㎞ウォーク12時間台(ご本人…
  2. ウォーキング・競歩で 太もも外側を痛める人へ
  3. パーキンソン病の方でも、楽に歩幅を広げる方法
  4. ウォーキングで両足のバランスが悪く、課題のある脚はもちろん痛い、…
  5. ポーランドの選手が実践した気温30度で30kmを歩き切る給水方法…
  6. 忘年会のシーズンのウォーキング
  7. 段階的にトレーニングをして競歩のフォームを身に着けよう
  8. ウォーキング後で痛みが出る、悪い場合、良い場合
PAGE TOP