BLOG

ウォーキングブログ

ウォーキング・ランニング 寒い時期の「鼻水」対策

寒い時期だと、ウォーキングをしてもランニングしても

鼻水に悩まされる人は多いのではないでしょうか?

鼻を啜ると、どうしても喉に溜まり

垂れ流しても口に入ってくるので、結局は喉に溜まります。

痰のようになるし、呼吸もしずらく深い感がMAXです

 

では、どのように対策してるかというと

一人でトレーニングしているときは、、、

基本的には垂れ流しです(笑)

で、どうしようも無くなったら手袋の「内側」で拭く、です。

(もちろん、トレーニング後は洗濯します)

 

鼻を啜ることはほとんどしません。

呼吸がしずらくなりますから、、、

 

ちなみに手袋の「内側」で拭くのは、

汗を拭くのに手袋の外側(甲側)を使うためです。

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 10㎞をウォーク、速く歩くためにバリエーションをつけて歩く その…
  2. 競歩でフォームの感覚が狂ったとき(不調になった)、心がけたいこと…
  3. 時速7㎞ウォークにチャレンジしてみよう!
  4. 「#速く歩く 」と「#健康」は密接に関係している #ウォーキング…
  5. 「着順」を競うとき、最大の武器になるもの
  6. 骨盤を安定させると「脚」が楽になる 60代女性 変形膝関節症の方…
  7. 暑さ対策 ウォーキングのための身体の冷やし方 ウォーキング後も冷…
  8. ウォーキング や 競歩で左右のバランスが悪い時に確認すべきこと
<<
PAGE TOP