ブログ

一般的なウォーカーは膝を伸ばすのが苦手ですが、伸ばした方がメリットが多いです。

ウォーキングをするときにフォームで

膝を伸ばした歩き方をすれば、骨で体重を支えて歩く

ということが出来ます。

ですが、エキセントリック(伸張性筋発揮)な動作になるので

ハムストリングスへのピンポイントな疲労感を慣れていないと感じるようです。

 

個人的には、競歩の選手だったので膝を伸ばすことに慣れているので

膝を曲げることの疲労感の方がとても大きいです。

 

つまり、競歩に慣れていない方は、膝を伸ばして歩く、と言うことはできても

「歩き続けることが出きる」という人は少ないのかもしれません。

 

多くの競歩経験のないウォーカーを観察していると、

膝が曲がっている方がほとんどです。

今回のコラムのテーマである、膝を伸ばす、ということが苦手な方がほとんどです。

 

膝を曲げると、関節への負担大腿四頭筋への負担が高くなります。

膝を伸ばして片足立ちをしてみる、膝を曲げて片足立ちをしてみる、

比べれば、どっちが楽かは分かると思います。

 

膝を曲げるならせめて、着地は腰の下を目指すべきだと思います。

そうすれば、重心が膝に掛かる時間が減るので、疲労感も軽減されるはずです。

ただ、、、

膝が曲がりが深ければ深いほど(大きく曲がる)、

スピードが上がればランニングのようにみえてしまいます。

 

歩いている、っと思ってもらうためにも、膝を伸ばして歩けるようにしたいところです。

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングジムパーソナルでランで受講されている方がいます。ラン…
  2. まったく参考にならないマラソンでサブ3するためのメニュー
  3. アジア大会100mに見る、スピードを出すための極意とは?
  4. ウォーキングでつま先で地面を蹴る、癖が治らない、、、という方は
  5. 忙しい方へおススメの週末30分ウォーキング
  6. ウォーキングを向上させるトレーニング方法⑤ 下り坂をつかう
  7. Jアラートを目覚ましと勘違い…
  8. 東京エクストリームウォーク 夜、ウォークするからこそ出来ること
PAGE TOP
PAGE TOP