ブログ

時速7㎞以上で10㎞をウォーキングするための、シンプルな基礎トレ 【白線で軸を固定する】

白線の上をウォーキングし

白線から頭・背骨が大きく左右にブレない

頭の位置が大きく上下に動かない

このことは、とても重要です

 

前に進むために、身体が左右に振れてしまっては

前に進むために、推進力をうまく使えていない、という事になります。

 

頭がの位置(重心)が上下に動いては

一歩一歩進むためにブレーキを掛けてしまっている

ということになります。

 

無駄な力を左右にも、上下にも逃がさないのは

速く、無駄なく歩くための鉄則です。

 

ですが、これがなかなか難しい、という方がほとんどです。

 

軸を固定させる。

これが出来るようになることは

時速7㎞以上で楽に歩けるために必要なテクニックでしょう

 

ぜひ、白線の上で「頭・背骨」が左右上下に大きくブレないように

歩いてみて下さい。

 

そのために必要なのは、しっかりと「背骨」を軸にすること

これが出来ないと、かなり難しいでしょう

 

Follow me!

関連記事

  1. 速く歩けている、という誤解を生むもの そして、60代膝が内側に曲…
  2. 東京エクストリームウォーク100㎞ リタイアしないための悪循環の…
  3. 東京五輪マラソン東京コース 本日無事完[歩]!
  4. 腕振りが生み出すもの 競歩のモーションキャプチャーからわかる事①…
  5. 競歩 骨盤(腰) の使い方 重心を載せて休め!HP表紙写真から探…
  6. 【競歩でフォームへの意識】漠然とした一歩を作らないことで、300…
  7. 前の歩幅(ストライド)・後ろへの歩幅(ストライド)
  8. 【ウォーキング】変形膝関節症の方をサポートしていて元気にウォーキ…
PAGE TOP
PAGE TOP