ブログ

ウォーキングでも意識したい、50km競歩日本記録更新した鈴木選手の速く身体を動かすコツとは?

ウォーキングや競歩で「体幹」が安定するというのは

とても重要です

そして、その体幹の安定があるからこそ

手や脚を、速く動かす事が出来るのです。

これはとても難しい事です。

どんなウォーカーも、まして競歩選手も

体幹を安定させる、という事を最初には考えません。

いかに速く腕を振るか?

いかに速く脚を動かすか?

という事に無心します。

そうなると、どうしても体幹を動かさないようにして

手や脚を動かすという事に思考が向きません

止まっているところがあるからこそ

速く動かせる。

団扇をイメージすると良く分かると思います

先端の大きな風を作る部分が速く動けば

風が作れます。

そのためにどういう動作をするかというと

手首を固定させて振ります。

この手首の固定無くして速く団扇は振れません。

体幹を安定させる。

日本記録を出した鈴木選手のフォームを見て

改めて認識しました。

Follow me!

関連記事

  1. 暑い日にウォーキングをスタートする前に。2019
  2. コロナ禍で国民に送ったメッセージ 体操 内村航平選手に想うトップ…
  3. 気温は結果に影響する 100㎞でトップが12時間台が出なかった理…
  4. 最大心拍数を意識したトレーニング。とりあえず、166しか上がらな…
  5. 箱根駅伝から学ぶ 強い者が「強い」では無く、勝った者が「強い」
  6. メール通信トレーニングの始めた理由
  7. Jアラートを目覚ましと勘違い…
  8. 100kmウォークのためにまずしたいこと 東京エクストリームウォ…
PAGE TOP