ブログ

ウォーキングでも意識したい、50km競歩日本記録更新した鈴木選手の速く身体を動かすコツとは?

ウォーキングや競歩で「体幹」が安定するというのは

とても重要です

そして、その体幹の安定があるからこそ

手や脚を、速く動かす事が出来るのです。

これはとても難しい事です。

どんなウォーカーも、まして競歩選手も

体幹を安定させる、という事を最初には考えません。

いかに速く腕を振るか?

いかに速く脚を動かすか?

という事に無心します。

そうなると、どうしても体幹を動かさないようにして

手や脚を動かすという事に思考が向きません

止まっているところがあるからこそ

速く動かせる。

団扇をイメージすると良く分かると思います

先端の大きな風を作る部分が速く動けば

風が作れます。

そのためにどういう動作をするかというと

手首を固定させて振ります。

この手首の固定無くして速く団扇は振れません。

体幹を安定させる。

日本記録を出した鈴木選手のフォームを見て

改めて認識しました。

Follow me!

関連記事

  1. こんなニュースがあったので、協力しようと思ったら。。。
  2. 陸上競技日本選手権開幕! 競歩は???
  3. ウォーキングや競歩で「きつい」「疲れた」と感じたとき、メンタル的…
  4. 休止中のメール通信でのトレーニングアドバイスメールから読み解く、…
  5. ウォーキング人口 4000万人に想う
  6. 日本代表を背負う事 背負った者しか分からない領域
  7. パーキンソン病でもウォーキング 目標達成への道のり
  8. 世界陸上ドーハ 7年振りの日の丸は、日本女子選手初の50km代表…
PAGE TOP