BLOG

ウォーキングブログ

ウォーキングでも意識したい、50km競歩日本記録更新した鈴木選手の速く身体を動かすコツとは?

ウォーキングや競歩で「体幹」が安定するというのは

とても重要です

そして、その体幹の安定があるからこそ

手や脚を、速く動かす事が出来るのです。

これはとても難しい事です。

どんなウォーカーも、まして競歩選手も

体幹を安定させる、という事を最初には考えません。

いかに速く腕を振るか?

いかに速く脚を動かすか?

という事に無心します。

そうなると、どうしても体幹を動かさないようにして

手や脚を動かすという事に思考が向きません

止まっているところがあるからこそ

速く動かせる。

団扇をイメージすると良く分かると思います

先端の大きな風を作る部分が速く動けば

風が作れます。

そのためにどういう動作をするかというと

手首を固定させて振ります。

この手首の固定無くして速く団扇は振れません。

体幹を安定させる。

日本記録を出した鈴木選手のフォームを見て

改めて認識しました。

Follow me!

関連記事

  1. 20㎞競歩日本のエースが海外での初表彰台で見せた可能性と課題
  2. 【健康ウォーキング】腕を振って歩くは、ウォーキングの健康効果を高…
  3. 講習会in大阪は「台風」で中止。楽しみにしていた方が多く、残念。…
  4. #ウォーキング何分 歩けば良いのか? 膝関節・股関節が痛む方の場…
  5. 脳卒中(脳梗塞)で片麻痺(半身まひ)の方、ウォーキングトレーニン…
  6. テン6ウォーキングは【競歩】のレースではありません!
  7. ウォーキング 良いフォームと悪いフォームの見分け方
  8. 競歩のモーションキャプチャーから分かること② 押す力の重要性
<<
PAGE TOP