ブログ

片麻痺の方から学ぶ、ウォーキングで大事なこと

ちゃんと立てる、という事は

ウォーキングでは重要な要素です。

 

片麻痺の方をサポートしていますが

「歩こう」とすると不安定になりますが

「一歩一歩、立つつもりで、進みましょう」

っというと、途端に歩くスピードが上がります。

 

「歩こう」とすると、足を次から次へ前に出すことを考えてしまい

一歩に安定感が出てこなくなります。

そして、一歩に体重が乗らないので、強い蹴りだしが出来ません。

 

一歩に載れる、つまり「立つ」ということが出来ると

安定化が出来て、体重が乗った強い蹴りだしが生まれます。

 

これは何も片麻痺の方だけに当てはまることではありません。

 

ウォーキングをし始めようとする方や、歩き方の基本を身に着けたい方には

ぜひ、意識したいことです。

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングのスピードを上げるトレーニングは、まずは短い距離から…
  2. 企業スポーツのスポーツ支援には限界がある だからこそ自分たちで歩…
  3. 超 初心者のため の ウォーキング コラム 雨の日ウォーキング対…
  4. 【100㎞ウォーキング】の無料オンライン講習会開催します!
  5. お腹を使って歩こう!!!
  6. 【この時季必見】早く歩かなくても、ウォーキングで身体をすぐに温め…
  7. W杯、日本代表の活躍に想う
  8. 講習会に何回も参加してても、難しいと感じること
PAGE TOP
PAGE TOP