BLOG

ウォーキングブログ

片麻痺の方から学ぶ、ウォーキングで大事なこと

ちゃんと立てる、という事は

ウォーキングでは重要な要素です。

 

片麻痺の方をサポートしていますが

「歩こう」とすると不安定になりますが

「一歩一歩、立つつもりで、進みましょう」

っというと、途端に歩くスピードが上がります。

 

「歩こう」とすると、足を次から次へ前に出すことを考えてしまい

一歩に安定感が出てこなくなります。

そして、一歩に体重が乗らないので、強い蹴りだしが出来ません。

 

一歩に載れる、つまり「立つ」ということが出来ると

安定化が出来て、体重が乗った強い蹴りだしが生まれます。

 

これは何も片麻痺の方だけに当てはまることではありません。

 

ウォーキングをし始めようとする方や、歩き方の基本を身に着けたい方には

ぜひ、意識したいことです。

 

Follow me!

関連記事

  1. 競歩の未来を考えるお話 #競歩 の持つポテンシャル
  2. 100kmウォーク 11時間台はすぐそこまで来ています
  3. 陸上競技で起きた、あってはならない2つのアクシデント
  4. 40代 女性 前十字靭帯断裂 変形性膝関節症もトライアスロン完走…
  5. テン6ウォーク 2024年5月
  6. 競歩・ウォーキング 失敗は許されない試合(大会)前に、気持ちを整…
  7. 日本選手権100m!9秒台を持っていないからこそ勝てた多田選手 …
  8. 競歩と競歩式の反応の違い
<<
PAGE TOP