ブログ

ウォーキングのテクニックがあれば、体調に関係なくパフォーマンスが発揮しやすくなる

テクニックがあれば多少の疲労感や体調不良があったとしても

あまりタイムを落とさずに歩くことが出来ます。

 

本日も「体調がイマイチどころかイマサンくらいです」との方が

前回のトレーニングと同じくらいのタイムで歩かれていました。

 

「やはり進むのにブレーキを掛けている感じが少なくなった」

とのコメントをされていました

進む力をそのまま推進力と発揮できる、ということは

皆さん当たり前のように出来ている、っと思っていると思いますが

《すべての人》は進む力にブレーキを掛けてしまっています。

 

このブレーキを少しでも小さくする

それが「歩くテクニック」の1つです。

 

「スピードを出す」は力任せでも可能ですが

ブレーキを小さくする、は力任せではできません。

いかに力を受け止めないか、逃がすか、そして、進む力に変えるか?

 

まさに、テクニックなのです

 

Follow me!

関連記事

  1. ラン経験のある、競歩初心者がつい失敗してしまうこと
  2. ウォーキング・競歩・ランで慣性の法則を使って身体を使うために必要…
  3. 競歩 でトレーニングをどうすべきか、迷っている大学生に送ったメー…
  4. アスリートにとって一番必要な才能は「自分を信じる力」(2020年…
  5. 3月に理学療法士の先生と講演をします!
  6. ウォーキングを向上させるトレーニング方法④ ゆっくりウォーキング…
  7. 体幹トレーニングとしての「競歩」の活用
  8. 知ってますか?日本オリンピック委員会の使命
PAGE TOP