ブログ

ウォーキング 競歩 リラックスするために「緊張しろ!」っと言われる

「柳澤さんによくリラックスしてください!」っと言われるのですが

どうすれば、良いのか分からない、っということを

たまに言われます。

 

そんなときは、

「重心の乗る脚にしっかりと重心を載せて緊張させる、それが無いと「遊脚(浮いて振り出される脚)」は作れません」

っと言います。

 

「?」

っと思う方も多いでしょう。

 

つまり、歩くという動作では、ランと違って

一歩の中で「緊張する脚(重心が載って後ろに蹴りだす脚)」「脱力して前に振り出される脚」

この2つがほぼ同時進行で行われます。

 

脱力だけを意識しようとしても、なかなか出来るものではありません

脱力を作るためには、重心の載せる脚にしっかりと体重を載せないと

振り出される脚のリラックスは当然作れません。

そのギャップ(つまり、緊張する脚がしっかりと緊張できれば出来るほど、反対の振り出される脚はリラックス)

を大きくすればするほどリラックスができるようになるのです

 

もちろん、簡単には出来ませんが。。。

ぜひ練習してみて下さい

Follow me!

関連記事

  1. 60歳代でもフォームが変わる!歩幅が5㎝伸びた!そのキッカケとは…
  2. ウォーキングをしていてフラつく!バランスを安定させよう!
  3. 身長の高さはウォーキング 競歩でのパフォーマンスを決定づける要因…
  4. ウォーキング初心者が痛めやすい、腰・膝・足裏
  5. ラン経験者がウォークに挑戦をして、失敗してしまうシューズ選び
  6. 足を前に出す意識をもってウォーキングをすると疲れる理由
  7. 低酸素ルームでのトレーニングは効果があるか?高地トレーニングを繰…
  8. 足裏(土踏まず)がウォーキング や 競歩で痛くなる、という方へ
PAGE TOP
PAGE TOP