ブログ

ウォーキング 競歩 リラックスするために「緊張しろ!」っと言われる

「柳澤さんによくリラックスしてください!」っと言われるのですが

どうすれば、良いのか分からない、っということを

たまに言われます。

 

そんなときは、

「重心の乗る脚にしっかりと重心を載せて緊張させる、それが無いと「遊脚(浮いて振り出される脚)」は作れません」

っと言います。

 

「?」

っと思う方も多いでしょう。

 

つまり、歩くという動作では、ランと違って

一歩の中で「緊張する脚(重心が載って後ろに蹴りだす脚)」「脱力して前に振り出される脚」

この2つがほぼ同時進行で行われます。

 

脱力だけを意識しようとしても、なかなか出来るものではありません

脱力を作るためには、重心の載せる脚にしっかりと体重を載せないと

振り出される脚のリラックスは当然作れません。

そのギャップ(つまり、緊張する脚がしっかりと緊張できれば出来るほど、反対の振り出される脚はリラックス)

を大きくすればするほどリラックスができるようになるのです

 

もちろん、簡単には出来ませんが。。。

ぜひ練習してみて下さい

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング・競歩の上達の極意の1つ、それは。。。
  2. ウォーキングを始める! ウォーキング初心者が気を付けたい「目線」…
  3. ウォーキングのペースを上げるのに「力」を使わない理由
  4. 100kmウォーク 乳酸を燃やせ!!
  5. 忘年会のシーズンのウォーキング
  6. 時速11㎞で歩いても痛みが出ない理由
  7. WEB無料講習会 競歩初心者メニュー講座 ご質問をいただいている…
  8. ウォーキング 競歩の技術を習得していく順番の重要性
PAGE TOP